FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

動きの検証

 昨日、渋川一流柔術の「受」について述べましたが、無双神伝英信流の一人で行う形稽古にも同様のことがいえます。居合を決められた形を見事に行うことが上達であると考えるならば、それは武術ではなく踊り以下のものになってしまいます。
 たとえば大森流の初発刀と陰陽進退を例にとって考えてみましょう。初発刀は迫りくる敵の側面に抜き付けて、倒れる敵を前に出て両断します。陰陽進退は同じように迫りくる敵の側面に抜き付けたものの有効な抜き付けとならず敵が後方に下がったために、瞬時に浮いて体を大きく前に進ませて両断します。形の手順は決まっていますが、初発刀の抜き付けが初めからすでに敵に十分なダメージを与えていると考え、抜き付けの動作のうちに前に出る体勢を無意識のうちに作っていたり、陰陽進退の抜きつけがはじめから効果がないものと考え、次に大きく前に出る体勢を作っていては、使える体を作るための形の稽古とはなりません。すべての形の稽古は毎回毎回新たなものであり、いわゆる形の手順はあって無きものなのです。そのためには一人で行う形の稽古であって、その動きは手順通りの動きをしているとしても、その動きの中には前後左右上下いずれへも変化できる動きを内包していなければならないのです。
 試みに、初発刀で自分の動きを検証してみてください。抜き付けた後、斬撃のために前に進むとき、敵が変化してこちらに刀を突きつけてきたとしたらそれを後方または左右へとかわせる動きを内包しているかどうか。初発刀の動きで抜き付けの後、前に出ている最中に敵が大きく後ろに下がったと仮定してそのまま陰陽進退のように体を浮かせることができるかどうかを。
 動いて動かず、止まって止まらず。全ての形は異なっていてかつ同じものなのです。
  1. 2006/11/01(水) 02:04:08|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ