無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

間に合わせの動き

 無双神伝英信流の稽古をして頂いている初心者の方には先日来、英信流表の形の稽古をしていただいていますが、英信流は大森流よりも体遣いにおいて難易度の高い形が多く、随分と苦労されていることと思います。
 私は常々、無理無駄なく、力み無く、体を固めること無く、動くことが形の稽古の上での絶対条件であるとお話していますので、初心者の方は、そのように形をつかうと自由に動けるどころか、体がぐらついて形にもならないとお感じのことと思います。
 普通であれば、ここで体を固めて体がぶれないようにし、いかにもしっかりした動きであるかのように外見を繕ってしまいますが、貫汪館ではそのようなことは許されません。
 間に合わせの動きは所詮間に合わせでしかなく、本質的に働ける体はできようはずもありません。ぐらつくからこそ、ぶれが生じるからこそ、動け、働きをなす体を養うことができます。ぐらつかず、ぶれないのは、ぶれず、ぐらつかない動きを直接的に求めた結果としてそうなったのではなく、動きの質が向上した結果としてそのようにに変化したにすぎません。
 貫汪館は幸いに、何々連盟といった居合の競技をするような団体には所属しておりません。稽古の初期の段階から外見のみを追いかけてしまえば、貫汪館における本質的な上達とは全く無縁の、ぐらつかない、ぶれない動きでは無く、動けない固まった動きが身についてしまいます。
 常に自分をいましめて、外見を求めることなく本質を追求してください。
 
  1. 2007/06/01(金) 19:53:38|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ