FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

中庸

 無双神伝英信流の稽古をしていた時に、体と脇から先の動きが遊離している方に気付きました。
 そして、その原因が「丁寧に」稽古しようという思いからきたものであることに気付き、尋ねてみるとそのとおりでした。
 その方には「丁寧に刀を振る」という指導をしたことがったのですが、本人は一生懸命に丁寧に「刀」を振ろうとして、敏感で、繊細さを保てる体の末端の部分で刀を扱おうとされてしまったのでした。
 かって、我師、梅本三男貫正先生にもよく「言葉」によって指導して頂きました。「脇をしっかりしめなさい。」「手首をぎゅっと入れて・・・。」などなど。
 それを聞いた私たちは今度は身動きできないくらいに脇を力んでしめたり、手首が痛くなるくらいにいれたりと、極端なほどそれを求めようとしていました。答えは先生の動きの中にあり、言葉の中に合ったのではないのですが、どうしても言葉に居着いていました。
 先生は言葉によって極端な動きを直そうとされていたのに、私たちは逆方向への極端な動きを求めてしまっていました。
 言葉による指導は、どうしてもそのような傾向を生み出してしまいます。言葉の裏にある真理を汲み取り、極端な動きに走らず、進んでください。

 5月27日(日)の無双神伝英信流講習会の御案内を貫汪館ホームページに載せております。ホームページを御確認ください。
 廣島護国神社奉納演武会の写真を貫汪館ホームページの無双神伝英信流と渋川一流柔術の行事のページに載せました。
  1. 2007/04/26(木) 23:53:41|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ