無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

「履形」の受の仕掛け

 昨日の稽古を観ていて、稽古方法について感じたことを述べます。
 「履形」は渋川一流柔術で始めに習う形のグループで、我師、畝重實嗣昭先生は「始めに習う形であるが、この形は後の「鯉口」(対居合)、「居合」(無刀捕)に通ずる形なので少しも疎かにしてはならない。」と繰り返し御教えくださいました。
 「履形」では受は捕の中段または下段を拳で突きます。この時、拳は掌側が下に手の甲が上になるように突きますので、間違いの無いようにしてください。捕が中段または下段に当てるときは掌が上になりますので、逆の向きになります。
 この突く動作を受が意図的に非常にゆっくり動いたり、捕に当たらないように途中で止めたりされる方がおられますが、これは受の上達にとって大きな妨げにしかなりません。捕は受の動きを見て頭で判断してこれに応じるのではなく、捕の突く気を受けてこの気に応じて捕の体は動きます。見て、頭で判断して動いていては「間に合わぬ」動きしか養うことができません。
 突く気のない突きに応じることは逆に至極困難であり、ほんの僅かしか動かぬ気を感じることができる方はすでに相応のレベルにあることになります。
 詳しくは稽古の場でに述べますが、くれぐれも考え違いはなさらないようにお願い致します。

 5月27日(日)に無双神伝英信流抜刀兵法 「英信流表」の講習会を行います。貫汪館ホームページをご確認ください。
  1. 2007/04/24(火) 19:46:52|
  2. 柔術 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ