FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

留めねど留る事そふしぎや

 無双神伝英信流の居合の稽古では他の剣術、柔術、棒術、槍術などにくらべて一人稽古の形が多いのは何故でしょうか。それは自分の刀は鞘の中に納まっていながら敵は既に刀を抜いて自分に斬り込んできているという非常に不利な状況の中で、これに対するため極限まで心と体の無理無駄を排する必要があるからです。そのため一人稽古によって、まず自分自身に向き合い、自分自身の動きの質そのものをを高めなければならないのです。
 そのような意味合いの一人稽古でありながら、稽古の方法を間違えると、かえって居合は武術から遠ざかり、逆に全く敵に対処できない体を作り上げてしまうことになります。
 一人での形稽古の際、もっとも気を付けなければならないのは、抜きつけた実感、斬りおろした実感、血振いした実感等々を決して求めてはならないということです。実感は多くの場合筋肉の緊張であり、筋肉が緊張するとき、それは居着きとなって動けない体が瞬時に出来上がり、それ以降の動きとは関係が途絶えてしまいます。つまり、実感を持てば持つほどにその動きは武術的動きとはかけ離れてしまうのです。いわゆる「きめ」という言葉に惑わされて、動きの結節点で筋肉を緊張させて体を固めていれば、それは全て隙となってしまいます。
  『居合歌之巻』の和歌に「身の曲尺の位を深く習ふべし留めねど留る事そふしぎや」とありますが、抜き付け、斬撃、血振い等々、全ての動作の最後に刀、体が静止するのは決して刀を体の緊張によって止めているわけではなく、体の使いようによって不可思議に思われるほどに自然に止まっているのです。したがって、手の内、前腕、上腕、肩、後背筋いずれにも止めた実感、振った実感というものがあろうはずもありません。またこれは、体の可動領域を全て使ったから止まっているというものでもありません。
 渋川一流柔術の稽古であれば、相手を抑えても、投げても、極めても、決して力んではならないということを稽古の絶対条件にしているため、たとえ、受が受身をとる状態となったとしても、自分の動きが雑であったことが対人関係の中でわかり、また、雑な力を入れないほうが、業はきまるということをも体験されていると思います。
 また、無双神伝英信流であっても太刀打の稽古で、筋肉の緊張がいかに動きを制限してしまい、間に合わない動きとしてしまうかということも理解されていると思います。
 一人での形稽古は、本来自分の動きの質を高めるためのものであるのに、実感を求めてしまい、より雑な見栄えだけを求める、また自己満足を求める道へと陥りやすいものです。よくよく心して稽古してください。
  1. 2006/10/26(木) 07:00:00|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ