FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

司箭社

 山口県の三丘にある司箭社は安芸高田市にある五龍山にある宍戸司箭社を勧請したものです。もう10年以上も前に調査したとき、地元の郷土史の先生に存在はお伺いし、絵に書いた御神像が御神体として存在するとお聞きして折り、いつか、たずねてみたいと思っていました。
 場所は高速道路のすぐそばで、久留米道場への行き帰りに何度もそばを通っていた場所でした。日曜日に九州から帰ってきたのは日中でしたので、はっきりと場所も高速道路から確認することができました。
  三丘の司箭社への登る道は雰囲気が五龍城への道と似ていますので、意識されたものかもしれません。はじめに鳥居があり右側の鳥居の柱には「三丘邑主 源就年」と刻まれ左の柱には「寛政四・・・」という文字が刻まれています。参道には小さな石が石段を作っています。

  司箭1    司箭2   司箭3 (2)    司箭3

 しばらく歩いて上るとお社が見えてきましたが、正面に立ってあっと驚きました。お社が崩壊しているのです。屋根が落ちたお社の中にはまだ色鮮やかな神輿もあり、残念でなりません。修復することは不可能でしょうから、建て直しを待つだけですが、三丘の宍戸家はすでに直系が途絶える寸前で、他家の性を継ぐ孫に宍戸の名を告がせようという計画があると聞いたのは10年くらい前のことです。立ち消えになってしまったのでしょうか。案内板にあるように宍戸家の鎮守ですので、宍戸家が再建するしかないのだと思いますが、どうなってしまうのでしょうか。お社の向かって左側には奉納演武ができるような場所がありました。

  司箭5  司箭6  司箭7  

 案内板には宍戸家に兵法の密法を伝えたとありますが、以前研究紀要でも述べたように、武者修行に名をかり情報収集、また京では有力者に近づき、宍戸家を護ったというのが真実であろうと思います。

             司箭9    司箭案内

 帰りに ZRX1200Sの写真を撮ったら、いわゆるオーブといわれる光の玉がたくさん写っていました。宍戸司箭の感応・・・ではなくレンズに付着したほこりが傾きかけた太陽に反射したのでしょう。

                       司箭バイク


 久留米道場の稽古記録が更新されています。お読み下さい。

 無双神伝英信流抜刀兵法の次回の講習会は5月31日(日)英信流の予定です。多くの方のご参加、お待ちいたしております。

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。

 福岡県久留米市での無双神伝英信流抜刀兵法の稽古は4月は毎週水曜が荘島体育館剣道場での稽古となります。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。時間は午後七時くらいからになります。
  1. 2009/03/31(火) 21:41:57|
  2. 未分類

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ