FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

渋川一流柔術 初段論文

 渋川一流柔術の初段の論文を紹介いたします。


「姿勢」について
 幼少期より、体の大部分を固める直立不動の姿勢、いわゆる「気をつけ!」の姿勢が良いものと学校等で習いました。集団行動での便宜や見映えのための必要から作られたのかもしれませんが、長時間この筋肉の緊張状態を保つことは困難ですし、押せば容易く倒れてしまう不安定な姿勢です。
 これとは異なり、武術における姿勢は、決められた状況ではなく、いついかなる時、場所においても、またどこからでも身の危険が生じれば、自由に即応できる状態が求められます。
 そのためには、まず普段からの心の持ち様が大切になります。隙を作らず、心の中の焦りや、奢り、固定観念を失くして、心を静かに強くしておかねばなりません。ただ、この状態はピンと張り詰めたきつい状態をいうのではなく、気を弛めず、心を居着かせない状態をいいます。
いざ、事が起こった時に考えてから動いたのでは遅く、不要な感情は体の臨機応変な反応をかえって妨げてしまいます。更に、それらの感情が表情に出れば、そこを相手につけこまれ、自らを窮地に落としかねません。
五輪書水の巻で兵法における体の姿勢について記された一節にも、「眼を少し細めにして、柔和で明るく見える顔で、」など、平生と変わらぬ顔の表情についての記述が、体よりも先にあり、その重要性がうかがわれます。
 武術、特に柔術は自ら戦いを求めるものではなく、避けようの無い侵害から、やむを得ず自分や大切な人を守るための手段ですので、憤怒の形相で相手を威嚇し、戦いを招きこむ所作や、殊更に自分を大きく見せるために棒立ちになり、のけぞるほどに胸を張る体の姿勢とは無縁です。
思うに、自由に即応できる姿勢とは、決して大袈裟なものではなく、
心がけひとつ楽になった、あるがままの自然な佇まいであると考えます。
あえて、その特徴を言うならば、身体、特に腹筋を固めないように力ませず、鼠径部を柔らかくし、腹の奥まで深い呼吸をして、重力にまかせて重心を落とし、全身を同じように感じながら、体の中心核を常に意識して、そこから動ける状態のことです。ここで、楽になり力ませないというのは、単に脱力して骨抜き、猫背になることではありません。
 危難を避けられるか、動けるか否かは、まずは上述してきたような落ち着いた心と体の調和がとれた自然な姿勢がとれているかに懸かってきます。
しかし、気がつくと深層心理に染み付いた「気をつけ!」の状態に安易に逆行し、しがみつこうとしてしまいます。
非常の時に即応できるようにしておくためにも、我執を捨て去り、教えをただ素直に学ぶ姿勢を第一に心がけて、道場だけでなく日々の暮らしの中でも、よくよく稽古しなければと思います。         



 無双神伝英信流抜刀兵法の次回の講習会は5月31日(日)英信流の予定です。詳細が決まりましたらホームページでご連絡いたします。多くの方のご参加、お待ちいたしております。

 貫汪館ホームページの無双神伝英信流の行事のページに大森流講習会の写真をのせました。御覧下さい。

 福岡県久留米市での無双神伝英信流抜刀兵法の稽古は3月からは第1水曜と第3水曜が荘島体育館剣道場での稽古となります。第2、第4水曜日はそのつど久留米道場の稽古記録に記載します。興味のある方は 無雙神傳英信流抜刀兵法 久留米道場の《稽古日時・場所》に記してある連絡先からご連絡ください。時間は午後七時くらいからになります。
  

 無双神伝英信流抜刀兵法 久留米道場のホームページ(←クリックしてください)です。

  1. 2009/03/16(月) 21:26:25|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ