無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

奉納演武

 4月22日、午後1時30分から廣島護国神社において奉納演武会を実施します。初めて演武される方もおられますので、演武に際してこれだけは心していただきたいと思うことを述べます。
 日頃の稽古では、足の位置や手の位置、重心の置き所や呼吸の仕方、目付けや動作の間等々に細かく心を砕いて稽古し、少しでも向上しようと工夫を怠られては居ないと思います。しかし、奉納演武にあっては自分の形の演武は真剣勝負であると心してください。
 演武は廣島護国神社の儀式殿という一段高い場所で行いますが、常々述べていますように自分の演武は神々に見ていただくのみで、人に見てもらおうとするものではありません。
 したがって、見栄えを飾ったり、未完成の形を少しでも上手に見せようとする心は道の上達にとって全くの妨げでしかありません。見た目は悪かろうとも、またおとなしく見えようとも、他者の目は全く気にする必要はありません。ただただ、日頃稽古している内容を意識せずに全て出し切るだけです。
 先に「演武は真剣勝負である」と述べましたが、心や体を力んで、気迫あるように勇ましく見えるように遣えという事ではありません。無双神伝英信流の居合であれば想定の場と仮想の敵に集中すればするほど、心と体はリラックスし、形の手順はきまっていても、どのようにでも体は動く状態になることを意味します。受のいる渋川一流柔術の演武や打太刀のいる無双神伝英信流の太刀打や詰合の演武でも相手が手順どおりにくるから、これに応じて、こう動くというという動きではなく相手の動きにどのようにでも応じ変化できる動きを持つことを意味します。
 稽古の目標は心も体も自由になることにあります。
 
  1. 2007/04/13(金) 18:20:53|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ