FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

無双神伝英信流抜刀兵法 居合道講習会

 昨日、午前9時半から午後四時半までの間、廿日市市立七尾中学校武道場にいて居合道講習会を開きました。昼食を間にはさみ7時間の稽古となりましたが、大森流と太刀打という二つの内容の稽古であったため、時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
 参加者は貫汪館で居合・柔術を稽古される方だけでなく、広島市内から他道場の方にも参加いただき、また、遠くは神奈川県横浜市から夜行列車で夢想神伝流を修める方にもおこしいただききました。
 午前中は大森流の稽古を行いましたが、自由に動くために無駄な力みを無くす事の難しさはご理解いただけましたでしょうか。必死になればなるほど、体は余計な緊張をしてしまい、型どおりにしか動けなくなってしまいます。形は自分の居合がどのような状況にも応じられるような業となるために存在しますから、稽古を通じて型どおりにしか動けない体を作ってしまったら、それは武術ではなくなってしまいます。心も体も強張らず、引っ張らず、固まらない自由さを身に付けていただきたいと思います。
 午後は大森流の残りの形を稽古し太刀打を稽古しました。太刀打では初心者の人はどうしても手順を追うことに意識が集中してしまい、対人関係の中での生きた形は使えませんでしたが、一人でイメージトレーニングを行い早く形になれるようにしてください。経験しておられる方の中にも、最後の一撃が極めの動作になってしまい、体を硬直させてしまう方がおられました。形としての手順はきまっているものの、形は一人で行う居合の形と同じく自由に働ける業を身に付けけるためのものですので、最後に体を固めてしまっては稽古の方法論としての形稽古に意味はありません。太刀打では相手は一人ですが、実際にはすぐに後の敵や左右に対応しなければならない状況もあり、また、倒したと思った敵が反撃する場合もあります。形として手順はきまっていますが、全ての形には始まりも終わりも無き事を知らねばなりません。
 今回の講習会を今後の稽古に生かされてください。

 次回の講習会は5月下旬、または6月初旬を予定いたしております。これまでどおり他道場の方や、他流派の方の参加も歓迎いたします。講習会の予定は4月に貫汪館のホームページに掲載いたしますので、見逃さないようにお願い致します。  
  1. 2007/03/22(木) 18:27:44|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ