FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

剣居一体?・・・3

 いわゆる、「剣居一体」について現代剣道と貫汪館の無双神伝英信流抜刀兵法は一体とはなりえないということについて述べてきましたが、これはあくまでも現代剣道と無双神伝英信流との関係を述べたものです。
 一見類似した形態の運動でありながら、現代剣道は高度な技術で「一本」をとるために竹刀を最適に用いて行う運動形態であり、無双神伝英信流は刀を自由に用いるための運動形態であること、さらに現代剣道での「一本」となる動きと刀を用いて自由に動いた上での有効な斬撃のための動きとでは全く異質なものであるからです。

 ところで、貫汪館で稽古している武術は無双神伝英信流抜刀兵法と渋川一流柔術です。単純に考えれば居合と柔術の二種類の武術を稽古していることになります。しかし、無双神伝英信流は太刀打・詰合といった剣術技法、大小詰・大小立詰等々の柔術技法を含み、渋川一流柔術は六尺棒・三尺棒といった棒術や十手術、分童術、鎖鎌術、居合をも含んでいますので武芸十八般的な発想で考えますと二つの流派を学ぶだけで実に多くの武術を稽古していることになります。
 ではこれらの武術は個々に別々の種目として習得しなければならないのでしょうか。
 答えは否です。別々の種目であっても、体の運用、得物に応じての間の取り方は全て本質が同じであり、剣・棒・十手・分童・鎖鎌といったそれぞれの得物の間合と操作法に習熟すれば全ては一体であるということが理解できると思います。これは武術である以上、所謂、打突部位というものは存在せず、ルールに縛られることの無い、命のかかった攻防の中で最も自由に動ける体遣いというものが歴史の中で探求されてきた結果必然的にそうなったものと考えられますが、私が幸運にも無双神伝英信流抜刀兵法においては梅本三男貫正先生、渋川一流柔術においては畝重實嗣昭先生という高いレベルの業を身に付けられていた先生に習うことができたためでもあります。お二人の先生から、「全ては同じである。」ということを身をもって学ぶことができました。
 貫汪館で稽古される方は「全ては同じである。」という事が理解できる稽古を続けてください。

ホームページに無双神伝英信流の講習会の案内を載せています。ご確認ください。
 
  1. 2007/03/15(木) 18:36:58|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ