FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

剣居一体?・・・2

 前回に引き続き、「剣居一体」について考えます。
 「現代剣道の動きで防具を着用し竹刀を用いる稽古をすれば、かえって形で養った竹刀ではない刀を用いるための自由な動きは廃れてしまいます。」と述べましたが、これは何故か。決して現代剣道をけなしているわけではないのです。
 現代剣道が竹刀を刀の代わりとして用い、刀を用いる動きを怪我の無いように稽古するために防具を身につけて自由に検証しているのであれば全く問題はありません。ところが、そうでないことは現在行われている日本剣道形の動きと竹刀を持ち防具を着用しての動きでは全く異なっている事から誰にでもわかるところだと思います。
 これは現代剣道が竹刀を最も有効に用いて勝敗を競うことを中心としたためであり、竹刀を有効に使い攻防するのに最適なように「手の内」「足の運び」「体勢」等々が定まったことによります。現行の剣道のルールにおいて竹刀を用いて「一本」をとるための最適な動きは、刀を用いる動きと一致しようはずもありません。竹刀を用いての「一本」となる基準となる動きと、刀を用いて斬撃に適する動きとでは異質なものだからです。したがって、現代剣道を居合とは全く別の種目の運動をしているのだと割り切って行える方であれば「目を養う」という点において意義はあると思いますが、一見似たような物であるために影響を受けてしまうのは避けがたいこととなってしまいます。
 強引なたとえですが相撲とレスリングが同じ素手で行う体術であるとして、フリースタイルのレスリングの選手が相撲の稽古ばかりをしていてもオリンピックで優勝できるはずもありません。また相撲の選手がフリースタイルのレスリングの練習ばかりしていて相撲の試合に優勝できるはずもありません。それぞれのルールが異なっており、ルールにのっとって優勝するためには、それぞれの練習をするほうが早道なのです。
 現代剣道の「一本」の基準が刀を用いての有効な斬撃と異なっていれば竹刀を用いての「一本」のために努力するのは当然のことです。その為の動きを刀を用いた動きと同じだと考えれば矛盾が生じることとなります。
 全日本剣道選手権に出場される方が誰一人として、刀を用いる剣道形の動きをされないのは、それでは試合に勝てないからです。 
 このような観点から「剣居一体」という言葉は貫汪館の居合にあっては全く無縁の言葉となるのです。


 参考までに述べると、現在の日本剣道形でさへ明治時代に防具着用の剣道の基礎となるよう定められたということは史料の上から明らかです。剣術諸流派の形から良いものを選んだといわれていますが、古武道の剣術の形においては現在行われている剣道形のように遠くから接近して一度止まりそこから攻防を行うという動きは行われず、遠間から接近すれば止まることなくそのまま攻防を行います。接近して止まるのは竹刀での攻防の間を意識して形が編まれたからでしょう。また、剣道形では斬撃の際いちいち後足をひきつけますが、古流の多くは一刀流系統や一部の流派を除けば後足は、残して斬撃を行います。後足をひきつけることに統一されているのもまた防具着用の剣道を意識して作られた形である故と思われます。


ホームページに無双神伝英信流の講習会の案内を載せています。ご確認ください。 
  1. 2007/03/13(火) 23:08:35|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ