FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

剣居一体?

 無双神伝英信流抜刀兵法でも、渋川一流柔術でも貫汪館で稽古されておられる方は他の武術をよく見学されておられます。それは武術である以上、今の世で現実にはありえないとしても、居合で剣術に対抗するだけでなく、槍や、薙刀、その他の武術に対抗せねばならない状況もあり、柔術であっても江戸時代に成立した柔術であるゆえに素手で素手に対抗する状況というものはほとんど考えられず、何も持たずに懐剣や剣や、棒やその他の武器に対抗せねばならぬ状況があるものということをよく理解されているからだと思います。
 戦後、「剣居一体」と言う言葉が現代剣道をされる方の間で言われるようです。それは一般に、竹刀を使っているだけでは刀の本当の使用法は理解できず、居合のみを稽古していては形稽古だけで相手が居ないので、対人関係の中での動きは身につけ得ないという観点から、剣道と居合を同時に稽古したほうが良いと言う意味で用いられている言葉のようです。
 無双神伝英信流のみの立場から見れば、「太刀打」「詰合」といった剣術の技法も存在し、又、袋竹刀を用いて自由に動き、刀を用いた動きを検証しているので、現代剣道を学ぶ必要を感じません。むしろ、現代剣道の動きで防具を着用し竹刀を用いる稽古をすれば、かえって形で養った竹刀ではない刀を用いるための自由な動きは廃れてしまいます。古流剣術を稽古するということであれば、論点は別になってきますが、江戸時代の武士のように稽古に十分な時間をさける環境にあればよいのですが、稽古に割く時間が限られているのであれば、ことさらに他流派を学ばなくても、貫汪館で「太刀打」「詰合」の稽古を通じて動きを養っていけば、いわゆる剣術も身につくべきものと考えています。無双神伝英信流抜刀兵法とは居合を中心として剣・柔の働きをも含む武術です。
 「剣居一体」という言葉が使われるようになったのは現代剣道を稽古する人が防具着用の稽古を専一とし、剣術の形を全く知らないために竹刀の使用法に熟達しても刀の用い方を知らず、また、居合を稽古される方の多くが一人で行う形のみの稽古ばかりを行い対人関係での動きを知らないために言い出されたことだと思います。現代剣道を稽古される方が全員、古流の剣術を稽古していたならば決して強調されることはなかったものと思います。

 不思議なことに「剣居一体」という言葉は用いられますが、「剣柔一体」と言う言葉は言われることがありません。江戸時代から終戦までは防具着用の剣道であっても組打が行われていたようであり、今残る文献から見れば、柔術の技法としては稚拙ではあっても柔術的技法も用いられていたようです。競技として確立された剣道には組打など存在しないために「柔」は忘却のかなたにあるのでしょう。
 参考までに無雙流を土佐にもたらした林六太夫守政は朝比奈丹左衛門から小栗流和(やわら)術の免許を授かっており、六太夫の小栗流和の門人の楠瀬六右衛門は以下のようなエピソードを残しています。
 「楠瀬は山中に鉄砲を持って篭った盗賊に、鳥刺の姿となって鳥の話をしながら近づき、煙草の火を借りる事に事寄せて盗賊から火縄を借りる刹那これを取り押さえた。」
 また幕末の無双神伝英信流の師範、下村茂市は高木流体術拳法の師範でもあり、弘化2年(1845)には師の清水小助より皆伝を授かっており、同じく弘化2年には足立傳蔵から小栗流和(やわら)術の中傳も授かっていました。
 当時の武士は剣・槍・居合・柔・馬術等、一通りの武術は稽古していますから、その中で、居合の師範である林六太夫守政や下村茂市が剣術ではなく柔術の師範を兼ねていたということが現在言われる「剣居一体」という言葉を考える上での参考になるのではないでしょうか。
 この問題については折をみて再度述べたいと思います。

ホームページに無双神伝英信流の講習会の案内を載せています。ご確認ください。 
 
  1. 2007/03/11(日) 00:51:13|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ