FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

浮雲

 今日の無双神伝英信流抜刀兵法の稽古にはかっての同門の方に稽古にに来ていただきました。「浮雲」を稽古して頂きましたが、英信流表(無双神伝英信流では中伝という言葉は用いません)の形は「浮雲」で急に難易度が増します。
 浮雲は文字通り宙に浮いた雲のような存在にならなければ形が使えるというレベルにいたることはありません。始めに前方に浮く時にも絶対に下肢に力を込めて筋肉の緊張で立ち上がることはありません。あえて言うならば崩れるから体が浮き上がるというところでしょうか。一歩目の動きで大腿筋の緊張を感じたら動けては居ないのだと知らなければなりません。浮いて足を前方に一歩踏み出した時、次に柄頭が左から右に移動し足をもじらす時にも体のどこにも凝り固まりはあってはなりません。文字通り浮いた雲でなければならないのです。浮雲というたとえで理解できなければ、氷上、やや氷が溶け水がある状態の上に氷を乗せて動かしても、抵抗がほとんどなくすらすらと動く状態といえばよいでしょうか。
 抜付けは近間の敵に刀をくい込ませるだけであるので、手元下がり切先上がりとなりますが、刀が敵に向かうのは自分の力で持っていくのではなく体の下方への落下によってなされます。したがって斬りつけたという体の実感はほとんどありません。以後の動きの解説は省略しますが、「浮雲」の稽古に当たっては体の緊張を無くす稽古を心掛けなければなりません。


10月26日(日)に貫汪館居合道講習会を実施いたします。今回の講習会のテーマは「奥居合・・・とらわれない動きのために」です。貫汪館ホームページ(←クリックしてください)の無双神伝英信流の稽古のページを御覧下さい。公開して行う講習会ですので、流派、団体を問わずどなたでもご参加ください。 

  福岡県久留米市での無双神伝英信流抜刀兵法の稽古は毎週水曜日の夜、荘島体育館剣道場での稽古です。午後7時位からの稽古ですので興味のある方は直接、荘島体育館剣道場をお訪ねください。  
 また10月18日(土)6時から9時まで、19日(日)は終日、久留米市での指導稽古会を行います。興味のある方は貫汪館ホームページ(←クリックしてください)の無双神伝英信流の稽古のページ に記してある連絡先へご連絡ください
 

  1. 2008/10/10(金) 20:46:06|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ