FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

握らない

手の内についてはこれまでに何度も指導し、実際に手を取り感触を通じて指導もしているところですが、多くの方に握り込む癖が見られます。小指から人差し指の四指で柄を深く握っているのです。握っている場合には横から見たときに四指の指先が柄の中央よりも上部にかかっています。
 この癖を除くために常に小太刀をそばにおいて正しい手の内を会得するように努めてください。上から柄に触れ、最初に親指を意識して、親指は必ず柄と平行に維持すれば、他の四指で柄を深く握ることはできません。そのうえで小太刀を軽く上下に体で(腕ではなく)動かして手の内を確認してください。小太刀を殺さず生きて動くことを確認してください。左右ともに稽古してください。初めは握っていないので不安に感じるかもしれませんが、何時でも何処でも稽古できることですので続けてください。
 今のように道場で稽古できない時には基本を確実に身につけるために良い稽古です。何時でも何処でも稽古できます。私は手の内がよくわからない頃、小太刀を職場の机の中に常備していました。

IMG_20190420_143235a.jpg


  1. 2020/04/24(金) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ