FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

梅本先生の想い出 短剣道

 銃剣道の試合の団体戦で私が良く短剣で銃剣と試合していたころのことです。その頃は今のように短剣道がスポーツ化してはいませんでしたので、短剣と短剣がたまたま団体戦の組み合わせで試合をすることはあっても、短剣は銃剣と試合をするものだというのが常識でした。したがって今の短剣道とは動きもかなり異なり構えも古武道的な構えでした。、今の短剣道でそのような構えや動きをしていたら昇段審査では落とされるのではないかと思います。
 話は元に戻しますが、短剣で銃剣と試合をしているというお話をしたときに、先生は軍隊におられたころに部隊では短剣を任せられておられ、銃剣と試合をしていたことや、短剣と銃剣とで試合をするときの心得などをお話しくださいました。また、その頃には今と違って短剣はけがを防止するために防具も「右の肩」を装着していたことなどを話してくださいました。先生の短剣の用い方は居合で相手と対するときの心構えと同じであると感じたことを覚えています。
DSC_2515a.jpg

  1. 2020/03/20(金) 21:25:00|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ