FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

幕末における剣術の有用性

 幕末は銃の時代であり剣は役に立たないというイメージが土方歳三などの言葉から定着していますが、全く排すべきものではなかったことは戊辰戦争あるいは維新後の西南戦争で実証されています。当時の戦い方は銃撃砲撃ののち最後は銃剣突撃によって勝敗が決するもので、その銃剣突撃の部分に武士は刀を抜いたからです。
 武道学会で発表した「幕末の銃剣道」「斎藤弥九郎の野試合」でも明らかにしているところですが、幕府歩兵は農民や町人から採用していますので銃剣突撃をしますが、武士は最終局面では刀を抜いているのです。それゆえに戊辰戦争に従軍した大石進種次の子の大石雪絵は「十数度の戦場に出で剣術の功徳著大なるを感じ」と記しています。

DSC_2748a.jpg
  1. 2020/03/11(水) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ