FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

銃剣術ニ於テ起リ易キ業癖及矯正法 6

両肩特に右肩に力を入るるもの

(害)
肩に力を入れ過来るときは下腹部の力抜け刺突力薄弱となり、且刺突の方向を誤るのみならず、なお左の害あり。
(1)一般に動作の迅速確実を期すること困難なり
(2)連続する刺突困難なるのみならず、変化する動作をなすこと亦困難なり。
(3)刺突時姿勢の堅確を欠き易く且疲労を速やかならしむ

(原因及矯正法)
一、肩に力を入れ過ぐるものは強く刺突せんとし過早に臂に力を入るるに因ること多し。
 此の如き者に対しては特に下腹部に力を入れしめ、最初は緩徐に銃を突きだして両手を握り締ましめ漸次其速度及力を増大せしめ以て矯正するを要す
二、過度に強く刺突せんとするに因ることあり。
 此の如き者に対しては前項の要領に準じ矯正するを要す。


 肩に力が入ることはよくあります。ここでは「下腹部に力を入れしめ」とありますが私たちが言う臍下丹田の用い方とは異なるかもしれません。初心者がすぐに会得できるほど簡単ではないので。
 突く時に肩に力が入ることはよく見ますので、ここに記してあるように「最初は緩徐に」を心掛けさせてください。

DSC_5942a_20200126144642f7e.jpg
  1. 2020/03/02(月) 21:25:00|
  2. 剣術 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ