FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

大石進種次先生と酒 1

 大石進種次はお風呂も好きだったようですが酒もよく飲んだようです。天保11年2月17日の江戸での記録に

「堀様伊庭方坐敷御同間ニ而御意、今日者御苦労存候、誠に初而御高名之お業致拝見忝存候、夫ゟ五合入之御盃頂戴仕候、如何仕候哉申上候処、手前返杯致候様被仰聞候故、洗候処、今壱ツ与御意ニ付、右御盃ニ而弐ツ程頂戴致、夫ゟ内藤様御目通りハ一統御同間ニ而、御酒・御吸物・御肴寛々頂戴、又々三合入御盃弐ツ拝領仕候、堀様御目通ニ而拝領致申候旨申上候処、御自身御立被遊候而御酌ニ付、不得止事、頂戴仕候、外御盃ニ而数不知、先ツ壱升六合之処ハ時之間ニ頂戴」

 とあります。当日は心形刀流の伊庭の道場で越後村松藩主の堀丹波守が大石進の技を見ています。声を掛けられたのち盃を授かり返盃の後、さらに盃を勧められ、1升6合のお酒を呑んでいます。大石進種次の身長は7尺であったといわれていますので、これだけのお酒を呑んでも歩いて帰れたのだと思います。
 当時大石進種次は60石、大名と相対して盃を傾けることができたのは剣の実力のなせるわざでしょう。

IMG_7862a.jpg
  1. 2020/02/23(日) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ