FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

神陰流伝書より 23

互角試合の心掛

 勝負試合の時は歩負せぬを第一とす、真剣の心持にて心に用心して其内より見込む処如何にも速かに死生を顧みず切込む事肝要也、

 山川の末に流るる栃殻も身を捨ててこそ浮む瀬もあれ
 
 此歌の心大切なる所なり、稽古と思ふこと勿れ、撓と思ふときは命の惜しき事もなく今日負れば明日勝たんと思ふが如き第表紙の心得にては自得の場に至る事能はざるもの也、深く鍛錬すべし


 貫汪館での防具着用竹刀稽古においてもこのように心得てください。
当時の剣術の試合と現代剣道の試合のもっとも異なるところです。当時の試合は一合すれば一本です。一合したときにどちらかの打突が入っているか、相打ちか、それとも応じ技が入っているか、、双方が外れているかとなります。それを10回繰り返せば10本勝負です。あくまでも真剣勝負の代わりです。
 がちゃがちゃがちゃがちゃ当たればいいと打ち合い、なかなか1本とならないような現在の高校生が行っている剣道の試合とは異なっています。ふれれば切れます。
 今のような試合になったのは神道無念流や直心影流の影響ではないかと思っています。

IMG_7853a.jpg

  1. 2020/01/23(木) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ