FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

神陰流伝書より 21

礼の作法

 前略・・・立上りて面を直し撓の先を地に突く様に致す事当流には大に嫌ふこと也、先抜けて負を取る故なり、敵に附け入る時愈々丈高くなりて敵と丈比べする心持にて詰込むべし、ひるみ屈みする事嫌ふ也、如何に忙しき場にても體の崩れざる様能く習練すべし、初心の内は突損じ、撃損じ、防ぎ兼る時詮方なく撓をそとになし腰を屈め面を差出し敵間に懸込み其場を逃れんとする者あり、或いは首許り左右に振り敵の太刀を迯さんとする者あり甚だ見悪きもの也

 神陰流では撓の先を床に突くのは好まなかったことが分かります。また、現代剣道にも共通するようなよけ方についても言及しています。「敵に附け入る時愈々丈高くなりて敵と丈比べする心持にて詰込むべし」は五輪書の影響かと思います。

DSC_2536a.jpg


  1. 2020/01/21(火) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
ご質問のある方は貫汪館ホームページに記載してあるメールアドレスからご連絡ください。記事へのコメントではアドレスが記されてないため返信ができません。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ