FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

天保10年および11年の江戸における大石進種次の動向について 3

Ⅱ 資料について
2.『大石先生江戸稽古之附』
  『大石先生江戸稽古之附』は天保11年(1840)11月に土佐の樋口真吉が大石進種次の記録を大石家があった宮部で書き写したと思われるもので,天保11年2月から3月にかけての大石進種次の行動が記されている。後半の部分には日付はないものの『柳川史話(全)』に引用された『大石進種次の書簡』の天保10年9月3日の行動と同様の内容が記されている。
  樋口真吉は天保8年(1837)に大石進種次に入門し,天保11年(1840)には再び大石進種次のもとに至り10月7日から12月6日まで大石進のもとで稽古した6)。
  『大石先生江戸稽古之附』には天保11年2月13日の水野忠邦の藩邸での剣術御覧に笠間司馬も試合したことが記されているが,柳河藩の『奥納戸日記』7)の天保11年2月13日の記録に水野忠邦邸で剣術御覧があるため司馬の勤めを免ぜられる旨が記してあり,記録が合致する。
スライド6a
  1. 2019/09/13(金) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ