FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

どの世界も同じ傾向にあるようです

 私の刀の内の一振を打ってくださった方のブログに共感できる事が記されていました。許可を得ているので最後に引用させていただきます。
 今の世の中は急速に「実」のない時代になってきました。何でも言葉によって真意を隠し、ごまかして美化し、いかにも内実が素晴らしいもののように見せかけてしまう。しかしそれは裏にある意図を隠すためであり、心、成長をうたいながら実際は金儲け、利己。問題は心をうたうところにあり、実際の目的がそこにないのですから、心が育つこともありませんし、心が通うこともありません。
 多くの人が、うわべの素晴らしさに心を奪われるようにもなってきました。それ故に「実」はなくてもよいのです。
 実際はたんに営利目的で観光客を呼び込むことに大きな目的があり、その目的のために「おもてなし」をうたった場合、いくら表面的に立派なおもてなしをしたとしても、心が先にあるわけではないので、いずれは観光客にわかってしまいます。あとから心を育てることは難しいのです。外国人を呼び込む場合も、はじめは心のない日本的な「おもてなし」に惑わされたとしても何度も訪れる内にわかってしまいます。
 大切なのは心を育てることを第一とすることです。心のないビジネスとしての「おもてなし」ではなく本当の「おもてなし」の心を先に養うことです。
 実際は助成金を得たり、自分の名を挙げる為であるのに「地域のため」「子供たちの将来のため」「老人の生きがいのため」とうたえば、助成金も得ることができ、助成金による活動によって自分の名もあがりますが、それによって地域がどうなるか・・・。その子供たちが将来どのような大人へと成長していくのか・・・。まだ心が育っていない子供たちはそのような大人に知らず知らずのうちに影響を受けて、大きくなります。そしてお飾りの美辞麗句を掲げ、同じようなことを繰り返す大人へ成長していく。地域も一時的には活性化しますが、目的は一時的に活性化してしまう事にあるので、長い目で見れば祭のあとの・・・。
 
 師は「昔は物事の本質がわかる人が100人、わからぬ人が100人と言ったけれど、今はわかる人は1人でわからない人が99人」と言われたことがあります。そのような時代になってしまったので美辞麗句に「実」があるのか、ないのかを判断できる人は少なく、美辞麗句をたくさん言った方を素晴らしいと感じてしまうのだと思います。本質を見ることができる力があれば、そのようなことは起こらないのですが、本質を見る力がないので、表面的な優しさ、美辞麗句、行動を真実だと思い込み、その奥は見ようともしません。
 我々がなさねばならぬことは武道を通じて本質を見る力を育てること。これは大人に対しても同じことです。大人が育たなければ子供は育つことがありませんし、大人が本質を理解できないのに、子供に成長しろと言っても道を間違わせるだけです。

 海外の門人を教えている中で、日本人は本来持っていたものを失いつつある、失ってしまった人の比率が高いのだと感じざるを得ません。私が日本的な心だと教えられてきたものは外国人のほうが持っているのを感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の世の中は、嘘でも何でも言った者が成功します。
何故なら、買う方は分からないから、、、
嘆かわしい。
・・・中略・・・
分かる人が居ない。それは、無法地帯です。
北斗の拳のヒャハ〜モヒカンの世界と同じです。
悪い刀を真面目な作品です。と高額請求。
へんちくりんな小物を、玉鋼は良く切れまっせ〜。
と買い手の心理を操作して虚偽販売。
知らぬが仏。買う側も良し悪しが分からないので、鵜呑みにして満足してしまいます。
すでに、そうなりつつあるのです。
厄介な事に、売り手も分からなくなっている場合もあり、悪意なく、高額で売っている場合が殆どではないでしょうか。
そして生き残るのは、ビジネス刀匠だけです。
ネガティブなブログ内容が多いのは、それだけこの業界の先行きが暗いからです。
私が望むのは、日本人としての自覚の復活です。
今、自分が生きているのはご先祖様のおかげです。
その誇りのシンボルが刀です。
ですから、刀を正しいポジションに戻して、日本人として、誇りを持って刀を所持して頂く事です。
そこに、ビジネスを挟んで貰いたくない。
職人も、ビジネスでやらず、真っ当にして貰いたい。
それでダメなら、滅びましょう。見世物に成り下がって何のプライドか。
ビジネスとは、商売人のやる事です。

DSC_3895a.jpg
  1. 2018/08/29(水) 09:21:25|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ