FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

構え

 無双神伝英信流の「太刀打」の稽古では刀が鞘に納まった状態、刀を肩にとった状態、刀を頭上にとった状態、刀を下げた状態など、様々な構えから、一つ一つの形が始まりますが、昨日の稽古で、初心者の方にお話したことについて再確認したいと思います。
 無双神伝英信流の形の全ては対敵動作であり、形を見事に美しく行うという考えはありません。たとえ、動きが洗練されて無理無駄がなくなり、その動きが美しく力強く見えたとしても、それは結果であって、美しく力強い動きを求めているわけではありません。
 居合の稽古は渋川一流柔術の形稽古と同じく無構えで始まるために、無理無駄のない姿勢から動き始めるのは比較的容易であろうかと思います。そのような動きができる方でも、刀を鞘からはずし肩に構え、頭上に構えてしまうと、「その位置から・・・」という心の力みが外に現れ、隙となっている場合があります。
 鞘から離れた刀がどこに位置しようとも、それは動きの中の1局面であり、どのようにでも変化する動きを内包しています。したがって「構え」はあっても「構え」に居着くことはなく、形は手順どおりに遣っても、形に居着くこともなく、その動きは生きた働きをなさなければなりません。
 「構え」という言葉に心を居着かせることなく、自由に動けるための稽古を続けてください。 
  1. 2007/02/01(木) 18:23:54|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ