FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

鍋島元茂 1

 『元茂公御年譜』より武道に関する記述を抜きだしていきます。鍋島元茂は小城藩初代藩主で武術にたけた人物であり、特に新陰流は柳生但馬守宗矩の弟子で十兵衛の兄弟子、三代将軍徳川家光の稽古の際打太刀を務めた人物です。佐賀県立図書館発行の佐賀県近世史料第二編第一巻を用います。

 「公御聡明怜悧の御性質にて御一代文武の御執行厚く御多芸の御事常人の及び奉処に非ス、文学ハ長順を師とし給ひ、漢文章 易学御伝有、御能書にて筆道ハ藤木甲斐守、御兵法ハ柳生殿、御馬ハ上田殿、軍馬ハ加藤殿、御弓ハ中川氏、御鉄砲ハ井上殿、同薬方ハ毛利殿、短筒ハ和田殿、長刀ハ穴澤殿、組打ハ茨城殿、馬医ハ橋本氏、茶湯ハ玄端、御能ハ観世太夫、太鼓ハ服部氏、蹴鞠ハ飛鳥井殿、御鷹ハ荒井藤七入道、諸礼ハ武藤丹後森より御相伝、何も免状印可御取被成候付、御門弟も数百人に及へり、其外禅學ハ沢庵和尚、立花ハ池ノ坊、又音楽・連歌・医術迄委敷御極め被成候」p.6

 修めた分野は広く、いくら文武に時間がさけたとしても、修業は並大抵ではなかったと思います。武術だけでも剣術、馬術、弓術、砲術、長刀、組打と広範囲に及びます。しかし、現代人も劣っているかというとそうでもなく、これでいくと、私も剣術、居合、柔術、自動小銃、拳銃、銃剣、短剣が多少なりともつかえ、SAMの運用の知識もあります。馬術はしなくても【大型自動二輪、普通乗用車、大型特殊車】の免許があります。
 こう考えてしまうと、ことさら当時の人がすごかったわけでもなく、かける時間の問題だったような気もします。

DSC_3674a.jpg
  1. 2018/09/09(日) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ