FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

刃物

 最近刃物を利用した犯罪が良く起こるようになってしまいました。20年くらい前は今ほど刃物を使った犯罪がなかったか、あるいは報道されていないだけだったのかもしれません。その当時は柔術の稽古が実際に役にいたつことはないだろうと思っていました。
 さて、日本の柔術は基本的に素手対素手で戦うために教習体系が作られているわけではなく、特に澁川一流柔術は最終的に刃物に対することができる技術が習得できるように形が組み立てられています。刃物も短刀または懐剣、刀といった日本の伝統的な刃物に限られてはいます。 
 今は柔術も素手対素手で行う武道だったのであろうと一般的な方は考えますが、江戸時代に武士は刀を腰に差し、盗賊は刃物をもって押し入るので、素手と素手で戦いましょうという武道は不完全なものでしかありませんでした。素手対素手で行う武道というイメージができたのは講道館柔道が盛んになってからだと考えます。
 さて、このような時代になってしまったので、刃物に対する稽古をする澁川一流柔術は実用的な武道になってきました。素手と素手で稽古する形であっても、そのほとんどが、刃物に対する業として使えるようにできているからです。
 この実用的な澁川一流柔術をどのように広報して稽古していただく人を増やしていくかが今後の課題です。
DSC_4744a.jpg
  1. 2018/09/08(土) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ