FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

なくなる

 幕末の藩政改革や廃藩置県で各藩の多くの武術師範が武術を教えることをやめています。それは幕末に西洋砲術が取り入れられ槍を無用の長物として槍の教授や、弓の教授を廃止したこともありますし、廃藩置県で武術を教えていれば禄をもらうことができ、食べることができていた人たちが失業したことにも原因があります。実用的価値がなくなってしまったのです。
 西南戦争などで、白兵戦における剣術の実用性が再認識され、また日露戦争後には嘉納治五郎自身が白兵戦のための柔道を意識していますが、実際は機関銃の発達とともに戦いは白兵戦の強さによらなくなり、銃剣道(術)も試合技術は向上していっても陸軍の『剣術教範』の記述は簡略化されていきます。戦闘における銃剣による白兵戦の比重が軽くなったからです。
 そのなかで柔道・剣道は思想はともかく競技としての側面に重点を置き、選手権があり、銃剣道も追随しています。このような流れの中で所謂古武道流派の数は少なくなっているのが現状(新たに作られた古武道は別として)です。
 私たちは私たちの流派の現代における存在意義を各自がしっかりともっていなければ、流派が消え去るのが遠い先のことではないという危機感を持っていなければなりません。

DSC_4062a.jpg
  1. 2018/05/30(水) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ