無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

痛い、怖い

 武道の負のイメージに「痛い、怖い」があります。主に競技中心の現代武道のイメージであり、私たちが稽古している無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術には当てはまらないのですが、このイメージは変わらないようです。

 無雙神傳英信流抜刀兵法は形稽古のみであり二人で組んで行う太刀打、詰合、大小詰、大小立詰は繊細で柔らかな稽古をしなければ業が身に付きません。また、有声の気合いもかけませんのでむしろ、「静か、おとなしい、落ち着いている」というイメージかと思います。

 大石神影流剣術の手数の稽古も同様で有声の気合いを掛けますが、動きは無雙神傳英信流抜刀兵法と同じく「ゆっくり、静かに、無理無駄なく」というイメージだと思います。防具着用稽古においても初代大石進種次先生は力も強く長身でありながら、試合において打突後に相手にダメージが残るという遣い方は一切されていませんし、現代剣道のように動き回ることはなく二人が対峙しても静かな時間が流れていきます。

 澁川一流柔術においてもしかりです。有声の気合いを掛けますが、動きは本質的に無雙神傳英信流抜刀兵法と同じで「ゆっくり、静かに、無理無駄なく」ですので、「痛い、怖い」は全くあてはまりません。

 このような私たちが稽古している流派のイメージをどのように広めていくかも大きな課題です。一般の方の私たちの流派に対する見ない前からのイメージを変えていく必要があります。

DSC_3774a.jpg

  1. 2018/05/27(日) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ