無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

初めに泣くか、あとで行き詰るか

 無雙神傳英信流抜刀兵法の稽古を始めるときには様々な稽古の条件を護って稽古する必要があります。
 正座するときには音を立てない。礼をするときには臍下が中心となる。歩くときには膝下は力を抜いたまま。刀は右手を伸ばさずに抜く。・・・・・・等々
 稽古をする目的が自己流に満足したいことにある人はこれらの大切さがわからず自己の基準を守ろうとしますが、流派を選んだ方は教えを忠実に守ろうとして自分のレベルの低さに泣きながら稽古します。素抜き抜刀術では自己の我儘が通るものの、やがて太刀打・詰合・大小詰と進んでいくと我儘は通らなくなり、行き詰ってしまいます。しかし、教えを忠実に守ろうとして初めに泣いた方は、正しく稽古したことが役に立つのがわかるでしょう。

DSC_2772a_20180311062156857.jpg
  1. 2018/05/01(火) 21:25:00|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ