FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

運剣

 無双神伝英信流の稽古をされている初心者の方に、これまで長い時間を掛けて、「初発刀」「左刀」「右刀」「当刀」を稽古していただき、体の働きは「抜く」と言うことに関しては本質的に全て同じであるということを体得していただきました。
 先週は新たに大森流の「陰陽進退」、今週は「流刀」の稽古をしていただきましたが、この「陰陽進退」と「流刀」の2本の形の動きには「初発刀」「左刀」「右刀」「当刀」における抜付けから斬撃への運剣の動作を向上させる仕掛けがなされているということを知っていただきたいと思います。
 大森流の初めの4本の形での斬撃は相手の右側面への抜付けに効果があり、倒れた、または倒れつつある敵への斬撃でした。しかし「陰陽進退」と「流刀」における斬撃は抜付け、あるいは刀を抜いた動作は相手に一撃を加えたものではなく、滞りなく斬撃を加えなければ、無傷の敵にこちらが斬られてしまうという状況下にあるということは理解されていると思います。
 したがってこれらの形では運剣が少しでも滞れば、即、自身の命がなくなるということを意味しています。そこには強い斬撃をなそうと賢しらに考え、腰を固め、ためを作って体をしならせて斬り込むという動きはありうべくもありませんし、無双神伝英信流の形には、そのように仕組まれた形は一つもありません。
 これまでも運剣は滞りなくとお教えしてきましたが、新たに学ぶ2本の形から運剣の質をさらに向上させていただきたいと思います。もちろん、「初発刀」「左刀」「右刀」「当刀」の稽古でもお話してきたように想定ではたとえ抜付けから前に進んで斬撃を加えるようになっていても、抜付けの後、後方や左右に移動できる動きを内包して前に進まなければならないことは言うまでもありません。
  1. 2007/01/26(金) 19:41:32|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ