FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

座法

 袴さばきについて述べましたが、講習会で稽古した座法における膝が接地してからの動きは正座、立膝とも大体は共通する動きですので、一括してて述べます。
 膝がついてのち、多くの初心者の方は姿勢を正そうとして腹を緊張させ腰をそらし、背を立てようと身体を動かしてしまいます。その結果、重心は高くなり、そけい部は伸びてしまい、場合によっては後傾すらしてしまいます。立膝の姿勢にあっては半身が正対に戻ってしまう下人ともなってしまいます。一度重心が高くなってしまえば、沈むことはほぼ不可能であり、以後、浮くことはおろか、動作は全て上半身中心になってしまいます。
 ではどうすればよいのか、膝がついてつま先を伸ばし接地しようとするとき(立膝にあっては、左膝がついて)だめな動きになるのは一つには腹筋に力を込めて腹を引っ込めることに原因があります。結果として背中は丸くなり重心はこのときに上がってしまいます。したがって、絶対に腹筋を緊張させないこと。膝がついて爪先を伸ばそうとするときには身体は前傾していますので、腹筋を緊張させなければ内臓は自然に下方に下りようとし、背もまた自然な位置に安定します。ただしこのとき、絶対に視線をおとしてはいけません。
 次に爪先を伸ばしお尻が床面に下りようとするとき、上半身を如何こうしようと考える必要は全くないどころか、考えて作ってしまえば全く別物になってしまいます。お尻はおりるにまかせ、自分は何もする必要はありません。まかせてさえいれば前傾は自然に解消され、さらにお尻は下方へと落ち着いて生き自然にとまります。また止まるのを待たねばなりません。このときも前述したように、絶対に視線をおとしてはいけませんし、下半身、上半身に無理無駄な緊張があってはいけません。無理無駄な緊張は姿勢を作ろうとする思いから生じます。ほっておけばよいのです。
 物体は引力に引っ張られて一番無理の無い位置に安定します。
 また、自然に座れたときに始めは感覚的に前傾しているように感じると思います。しかし座したときには下肢は上半身の前方にあります。下肢を含めた総体の重心の位置がどこに落ち着く
 無双神伝英信流の居合は座して稽古することによって立っての自由な動きを身に付けさせようとしています。座すことができなければ、何も始まりません。
 また、座していては動きにくいからとお尻を浮かせて座るというようなことをしていては、全く稽古にならないどころか、居合を身に付けることは絶対にできません。無双神伝英信流抜刀兵法の稽古をされる方は心得違いをされないようにお願い致します。 

 昨日の渋川一流柔術の稽古で「切込」の稽古をされていましたが手刀が働かないのは、切り込むことに居着き、切り込む場所に居着いて、中心が働いていないため、動作が右肩から先だけになり、手先だけの業になっているからです。心が自分の動きを崩していますので、上達のためには自分の心の崩れを直したほうが早いのです。
 座法においてもたいていは正しく座ろうとか、安定して座ろうという思いがかえって身体を狂わせています。
 自分の心を見つめなおしてください。


 次回の講習会は7月13日(日)、講習内容は「太刀打」の予定です。どなたでもご参加ください。

 貫汪館ホームページ(←クリックしてください)の無双神伝英信流抜刀兵法の行事のページに貫汪館居合道講習会(英信流表)の写真を載せました。御覧下さい。 
  1. 2008/05/27(火) 20:38:07|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ