FC2ブログ

無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

大森流の形に仕組まれた残心の稽古

 無双神伝英信流の稽古においても渋川一流の稽古においても時に残心という言葉を用いて指導することがあります。また、武術一般においても残心という言葉が用いられ、「残心のない演武であった・・・。」ということも言われます。今回は形の中に仕組まれた残心の稽古についてお話します。
 残心を簡単に述べれば、敵を倒したと思っても無意識下に油断せず、何時如何なることが起こっても対応できる心と体の状態を言います。 
 私たちが稽古するのが武術の形である以上、残心は全ての形になければならないのですが、無双神伝英信流の形の中には初めから残心の稽古が明確に行えるように仕組まれた形があります。大森流(無双神伝英信流では初伝という言葉は用いません)の陰陽進退を例にして考えてみましょう。

 大森流の陰陽進退の想定を細川義昌先生の直門である植田平太郎竹生先生は以下のように記述されています。

 ・・・(対手の右側面へ)抜付けたるも剣先が届かぬ為急に立ち上がり左足を右足の前へ踏越しつつ刀を引冠りて正面へ斬り込み刀を右へ開き(開くとは血振ひの事)刀を納めつつ右膝を跪き納め終わりたるところへ(別人が向脛薙付け来る)・・・

 依然述べた事と重なる部分もありますが、具体的に残心との関連でこの動きを考えてみます。
 大森流の陰陽進退にあっては、はじめの抜付けが届かなかったため、前に大きく進み斬撃を加えます。形としては「抜付けた刀が届かなかったため」という所に意義があります。抜付けまでの動作は初発刀と変わる事はありません。
 しかし、初発刀と同じだということを誤解して、抜付けの後に間をおいて斬撃の動作に移ったのでは技の稽古にも残心の稽古にもなりません。また、あらかじめ形の手順を頭に入れ、抜付けの後には前に大きく進むのだと思い、その為に初発刀と少しでも異なる体の動きで抜付けをしても技の稽古にも残心の稽古にもならないのです。
 残心があれば、抜付けが失敗に終わっても当然すみやかに次の対処をすることができますし、残心がなく、抜付けたという動作にとらわれるならば、一撃も加えていない敵にかえって斬られてしまいます。
 また、第一の敵を倒し第二の敵が脛に斬り付けてくる時も同じことが言えます。第一の敵を倒して納刀し終わり、しばらくして次の張受けの動きを起こしては技の稽古にも残心の稽古にもなりません。また、あらかじめ形の手順を頭に入れ、膝をついた瞬間に第二の敵が脛に斬りつけてくるのだと思い、その為に次の動きをする準備をしながら右膝を床に下ろしに行っても技の稽古にも残心の稽古にもならないのです。
 残心があれば、床に右膝を下ろした刹那に急に敵が脛に斬りつけてきてもすぐに張り受けをすることができますし、残心がなく、第一の敵を斬ったという事に居着くならば敵に斬られてしまいます。

 陰陽進退が残心の稽古になるかならないかは想定が生きているかいないかにかかっています。「抜付けたるも剣先が届かぬ」という生きた想定ができていなければ、無双神伝英信流の居合の形は単に形を上手に見せるだけの踊りとなってしまいますし、「右膝を跪き納め終わりたるところへ別人が向脛薙付け来る」という生きた想定ができていなければこれもまた踊りとなってしまいます。
 生きた想定を忘れずに稽古をすれば、残心は身につくように仕組まれているものなのです。


 
  1. 2007/01/19(金) 00:24:16|
  2. 居合 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!
連絡先は貫汪館ホームページで御確認ください。

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ