無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

武道

 日本では多くの技術が道としてとらえられ、いわゆる修行と結びつけられます。茶道や華道は単純にお茶を飲むことが道となり、花を生けることが道となりました。武道は江戸時代には武術、武藝などといわれましたが、単なる闘争の技術ではなかったことはその思想が江戸時代にはすでに形作られていたことでもわかると思います。もっとも「術」という漢字には「みち」という意味も含まれているようです。
 武道をよく知らない、稽古したことがない方の中には明治時代になって武道となり、「道」が教えられるようになったから、市民生活の中で武道が許容されるようになった。たんなる闘争の術にすぎなかった武術に附け加えて倫理を教えたので許されるのだと考えている方もいるようなのですが、武術の稽古を通じて、体を通じて会得するものが「道」であり、単に知識を教えられるので武道となるということはありません。体を通じて会得するものなのです。
 こればかりは稽古したことがない方には理解できないところだと思います。

DSC_6332a.jpg
  1. 2017/08/05(土) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ