無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

限界まで

 基本が身につき、自分の業も理にかなうようになった時には、体を壊さない範囲で、ある程度の限界まで稽古してみることも必要になります。
 これは数稽古―居合であれば500本1000本と抜いたり、柔術であれば体を壊さない範囲で形稽古を繰り返したり、剣術であれば同じく形の稽古を繰り返したり、長時間防具を着用したりする稽古です
 また、時間がない中で演武会に繰り返して出たり、必ず毎日特定の稽古をしたりすることもこれに当てはまります。前者は肉体的な限界であり、後者は精神的な限界ということが言えるかもしれません。
 自分はここまでという思い込みを壊す稽古をすることが、後の稽古にとって大切です。

DSC_3769a.jpg

  1. 2017/04/30(日) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ