無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

血振い 2

 臍下中心に左右に開くことができたら、開き始めて右腕を開き続けるのに軽く抵抗を覚えるところがあります。その時点で右肘を内に入れ、かるく前にもってくれば刀を握り込んでいなければ切先は引力に引かれて下方をさし右手は植田平太郎先生の言われるように「拳の高さは身の横通りにて耳より四・五寸位右へ」位置します。
 このとき必然的に脇は閉じていますので、臍下丹田からの流れは背中を通って切先までつながります。
 腕力に自信がある方ははじめ正しく動いていても抵抗を感じてもまだ抵抗に負けまいと刀を後方に回してしまいますので脇は開き、臍下丹田とのつながりは解け、腕力で血振いを行うようになります。

2DSC_3462a.jpg

  1. 2017/03/14(火) 21:25:00|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ