無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

流刀の受け流し

 無雙神傳英信流抜刀兵法の流刀の受流しはまず体を前方にかわし、なおかつかわしきれない敵の刀を受流します。したがって前方に左足を踏み出した時の上体は低く倒していなければなりません。直立していれば相手から見れば斬りやすくなってしまいます。初心者の人は刀を抜くのに気を取られ、上体が直立しがちになりますので気を付けてください。なお、受流しは鎬で行いますので手の内にも気を付けなければなりません。
 植田平太郎先生は下記のように記されています。「刀を左頭上へ引抜き」とは鍔本がその位置にあるという事です。

 左足を前方に踏み出し体は低く刀を左頭上へ引抜き(左側より斬込み来るを)受流しながら

DSC_3375a.jpg
  1. 2017/03/09(木) 21:25:00|
  2. 居合 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ