無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

切先

 切先から日輪が出たり、炎が出たりするのはたとえであるとしても、相手に切先を突けて構えた時に、その切先から何も感じられないようであれば構えになってはいません。
 特に大石神影流剣術の「附け」の構えにおいて、その切先に何も感じられないようであれば、それは大石神影流ではないといっても過言ではありません。「附け」でそのような状態を会得すれば「真剣」の構えにおいても、そうなっていなけれれば正しい構えができているとは言えません。
 また、無雙神傳英信流の太刀打の「水月刀」、澁川一流柔術においては半棒の「指棒」「引棒」の構えにおいてもそのような状態になければなりません。最終的には相手とのつながりがあるので切先が相手に向いていなくても、そのような状態であることを求めて稽古してください。

DSC_2138a.jpg
  1. 2017/02/01(水) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ