無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

澁川一流柔術昇段審査論文

これまで修行上留意してきたこと、今後留意しなければならないことについて
~澁川一流柔術~

1 はじめに
これまでに修行上留意してきたこと、今後留意しなければならないことを記述するにあたり、大切なことを整理して考えるため“修行への取組„として、貫汪館段位審査規定「昇段審査実技審査項目および審査基準」のなかの審査項目に従って考えていきたいと思います。

2 修行への取組
(1)礼法
渋川一流柔術は礼式から始まります。
礼式は「履形」、「吉掛」、「込入」、「四留」の形の始めにおかれ、争うことなく、相手を押し返すのみという澁川一流柔術の理念をあらわしています。
しかし、捕りは受けの突きを取り受けの肩を「もう攻撃はしない。争いはやめよう」と諫め、意思を示し叩き、受けの腰を押したのち片膝をついて、両掌を下にして胸の前に、受けも取りに押し出され体を回し捕りに正対し両掌を胸の前に、双方が気合いとともに両手を水平に広げるわけですが、この動作を形のまま再現しているのでは、意味がなく大切なものを見失っていることになります。
まず、双方とも体の正中線をしっかりと重心が両足の土踏まずから大地に根を下ろし、鼠蹊部の緩みとともに自然に膝が曲がり、肩も落ちていなければなりません。
また、捕りは受けを押し返し片膝をつきますが、上半身も下半身も無理無駄なく大地にあずけ、自分が天と大地の間に位置する気を感じること、左右の手は胸の前に、正しく壇中の前で臍下丹田からつながっていること(臍下丹田から背をとおり脇の下から腕をとおり手へ、決して肩との繋がりではない)が大切です。
そして、両手が開くのは臍下丹田を開くからであって、左右の手先を動かすわけではなく、結果として左右の手が動き、開いた後、両手が静かに体側に降りていくのも、気が臍下丹田により沈むことによってなのです。
(2)立姿勢・構え
よい姿勢、正しい姿勢とは、背筋をピンと伸ばし、胸を張った直立不動の姿勢と現代人は教えられてきました。
これは上半身を重視した姿勢です。
古武道では、崩しやすく中途半端な状態と言えるでしょう。
さらに姿勢を作ろうとすることは、相手に簡単に押し返されてしまいます。
姿勢を作ろうとするものではなく、あるがままに重心はまっすぐ下方に落とし、どのようにでも対応できる体の状態を求めることが大切で、それが正しい構えを生み出します。
姿勢を作ってしまえば、そこは動けない隙になってしまいます。
(3)手順(形)
諫めなければならないのは、「いち、にい、さん」などのように、手順に順番をつけ、リズムをとるかの如く、手順(形)を考え動いてしまうこと、また、相手の手首を、このように取り、相手の体を制する方向や、床に相手を倒した位置など、マニュアルのように動くことです。
いつも同じ相手と対するわけではなく、腕の長さ、身長や体格など千差万別です。
見た目、華麗に動いたつもりや極まってもいないのに極めたようなつもりになってしまい正しい形からは程遠く自己満足の力技になってはだめなのです。
最後の極めが、それまでの動きと途切れ別物になったりすることなく、正しい一連の動きは最初から最後まで途切れることなく極めているもので、ゆっくりとした動きであっても自然な動きであればあるほどの隙のない動きとなります。
 動きを区切って細部に囚われると本質を見失ってしまいます。
(4)目付
「目付け」はただ相手を睨みつけることではなく、自分の目線を受け(相手)の何処に置くか、「道標」のなかでは「目は相手の目に付けます。目には心の全てが表れるものです。」と明確に述べられています。
単に相手の目を見るだけではなく、相手の目を中心に相手の動きの全てと相手の心の動きを読むことの大切さが示されています。
目の前の相手の突いて来る拳に目を奪われ、拳にのみ目を付けてしまっては、相手に遅れをとり対応することはできません。
相手の拳を体を捌き返に取るにせよ、拳の出を抑えるにせよ、視覚的な事象面のみの動きではなく、その裏にある心の働きを感じる相手の心を読む自分の心眼によっておこなわれなければなりません。
薄幸の詩人金子みすゞの詩に『上の雪 さむかろな つめたい月がさしていて。したの雪 重かろな 何百人ものせてゐて。中の雪さみしかろな。空も地面もみえないで。』というものがあります。中の雪など誰にも見えない。しかし、それを思いやる心が大切です。
仏教に「達観の眼」という言葉がありますが、深くものを見る、肉眼で見るのでなく心の眼で見るという事で、詩はその精神を詠っています。
目付とは心眼を磨いていくことといえるでしょう。
(5)気迫・気合(発声)
気迫は、相手に働きかける力強い精神力で「気迫のこもった試合」といった積極的姿勢として使われますが、むしろ自らの内に発現して相手を諫める心の力のように思います。
また、渋川一流柔術では形の最後にかける「エイッ」という気合は、形の一連の流れとは別ものとして流れが止まった後にかけるものではなく、気勢が充実した結果としての気合であり、常に流れと一体です。
(6)間と間合
武道の『間合』は、相手が一歩踏み出さなければこちらに届かぬ距離を保ち、相手の心の動きをとらえることが出来たならば相手の動きに容易に対処することが出来る距離といわれます。
澁川一流柔術の稽古では、受けの仕掛けがあらかじめ約束された状態で行いますが、受けの仕掛けに合わせて動いてしまうパターン化された動きではなく、受けのどのような仕掛けにも無意識に対応できる適切な『間合』が大切です。
相手の仕掛けを起こそうという心の動きを読み、その動きを抑え、相手がどのような行動に出ても臨機応変な対応がとれる、そのための正しい間合いです。
(7)呼吸
正しい呼吸は、体幹と手足が全体として調和した動きを生み出します。
そして、すばやく動く、強くかけるといった間違った道ではなく、速さ、強さは動きの結果であって、ゆっくりとは自分の体の状態が認識できる速さが大切です。
調和の取れた動きを生むのは腹筋に力を入れて腹を引っ込めないこと、肚で呼吸ができていることです。
しかし、胸で呼吸をすれば上半身は浮き上がり、正しい姿勢は崩れてしまいます。
(8)残心
残心というと、技を掛けて相手と離れる際、相手を睨みつける目付と勘違いする場合がありますが、残心は、隙がなくいつでも相手に対応できるということに他なりません。
 相手から離れるという動きは、安心して相手からぱっと離れてしまうと、離れるという意識が隙を生んでしまいます。
あくまでも相手を抑える事が主となります。
残心とは相手を制した後にも油断せず、心も体も広くのびやかに自由に働ける状態にあることです。
(9)肚
澁川一流柔術には、相手を崩し、固める業が多くありますが、腕力で相手を押さえつけてはいけません。
押さえつけようという意識は下半身よりも上半身が強くなり、自分の重さではなく腕力のみで押さえつける動きになってしまいます。
動きの源は、「臍下丹田に力を込める」ということですが、これも勘違いして、腹筋に力を入れて腹を引っ込めてしまえば、下腹を力ませ、下半身を固め、自在な動きとはなりません。
大切なのは、臍下丹田の工夫ですが、下腹の腹圧は高め、相手を自分の臍下に納めて、相手を自分の身の内でコントロールすることです。
不必要な腕力を用いる必要はなく、自分の重さを利しているので相手を抑えるのに腕力を用いる必要はなくなります。
とても難しいことですが、大切なことです。
(10)無理無駄
体の力みが無理無駄を生みます。
したがって、まず体の力みを無くすこと、体の力みがなくなれば、体のそれぞれの部分はおさまるべき所におさまり、落ち着くべきところに落ち着きます。
「早く。強く。」という思いが先に立つと、体は力み無理な動きが生まれてきます。
臍下丹田により、体が自然に導かれる意識、自分の心を常に見つめ直すことが大切です。

3 おわりに
以上のように、修行への取組として、「貫汪館段位審査規定『昇段審査実技審査項目および審査基準』のなかの審査項目」に従って考えてきましたが、「これまで修行上留意してきたこと、今後留意しなければならないこと」を考えるに、もっとも重要なのは、臍下丹田を中心とした調和の取れた動きではないでしょうか。
心を臍下丹田に沈めて動く。
自分の身体だけを動かす時には出来る動きが、相手がいることで、速く業を掛けよう、極めようという思いが先にたち、身体の調和を自らが乱し、小手先で業を掛けてしまう。
帰するところ自分の心がそうさせるのであり、稽古に対する心掛けにが悪いといえるでしょう。 
出来なくて当たり前、静かにゆっくり調和を乱すことなく稽古していくことが大事です。
結果として、やがて業が身につき、意識しなくとも有効な動きが生まれてきます。
稽古に「我」を交えることなく静かにゆっくり体の調和を乱すことなく稽古を続け、常に自分の稽古に対する取り組み方を見つめなおしていかなければなりません。
以上

参考:貫汪館ホームページ「道標」

DSC_0788a.jpg
  1. 2016/12/18(日) 21:25:00|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ