無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

これまで修行上留意してきたこと、今後留意しなければならないことについて

大石神影流昇段審査の論文を載せます。

1 はじめに
これまでに修行上留意してきたこと、今後留意しなければならないことを記述するにあたり、大切なことを整理して考えるため“修行への取組”として、貫汪館段位審査規定「昇段審査実技審査項目および審査基準」のなかの審査項目に従って考えていきたいと思います。

2 修行への取組
(1)礼法
大石神影流剣術では、木刀を床の上に置いたり、お互いに正座で礼を行うという所作はありません。
演武の最初から最後まで、常に木刀は腰にあります。
大石神影流剣術が、道場稽古ではなく、神社の境内などで行われたこと、また、藩主に上覧する際に、その庭先で演武がおこなわれたことにも関係しているとのことですが、こうした歴史への理解も大切です。
常に帯刀(当然のように半身)しているという現代人にはない動作である、腰に刀を差した状態での動きを意識する必要があります。
(2)立姿勢・構え
立姿勢は、帯刀から抜刀、真剣等、いかなる姿勢においても、当然のように半身がとれていることであり、縦の正中線と横の手の内から刀の柄を通して切っ先への線が、臍下丹田で交わり、どこにも力みがないことです。
構えについては、真剣から上段にとったり、真剣から附けにとったりする全ての構えは、その位置に切っ先を持っていく「構える」ということではありません。
それは居ついてしまうことであり、心や上半身や下肢に力みがあったりします。
形を固めることではなく、全ての構えは、肚が動いた結果として、刀がたまたまそこに位置しているだけなのだという意識を持つことが大切です。
(3)手順(形)
大石神影流剣術の手数については、試合口からはじまり、陽の表、陽の裏と多くを学んできました。
しかし、手順を覚えようとするのみではなく、一つ一つを大切に習得していくことが必要です。
一つ一つを大切にするとは、呼吸に乗せた構え方をしっかり身につけて、本当に臍下丹田の動きが切っ先に繋がっているのか、中身がどうなのかを検証しながら稽古していくことではないでしょうか。
たとえ一人で稽古するときであっても、自分の動きが理にかなっているのかを検証しながらすることを身につける必要があります。
(4)目付
澁川一流柔術の論文の中でも記述しましたが、「道標」のなかで「目は相手の目に付けます。目には心の全てが表れるものです。」と明確に述べられ、単に相手の目を見るだけではなく、相手の目を中心に相手の動きの全てと相手の心の動きを読むことの大切さが示されています。
手数の稽古をする時、相手に集中すると考えて相手しか見えていないのは間違った目付です。
相手を中心に相手の前後左右上下、相手の心の状態、さらには現在・過去・未来にも目付が行われていなければなりません。
今目の前にあるものだけしか見えていなければ変化に応じる事が出来ません。
相手の剣を張ったり、抑え、左右に動く動きになると自分の目が相手からそれ相手の剣についてしまうこともありますが、しっかりと、いつそれているのか確認し稽古して修正していくことが大事です。
(5)気迫・気合(発声)
自然な気迫が備わっているためには、正しい姿勢が保たれていること、臍下丹田を中心にした深い呼吸ができなければなりません。
そして、心も体も隙がない状態であり、無理に作り出そうとしたものは気迫ではありません。
大石神影流剣術の手数では多くの形が攻めることを重視しており、脇中段や車、どんな構え、たとえ手数の手順がどうあれ相手を斬るための構えであるということです。
さらに、発声を正しく気合を込めて発することができること。
こちらから斬りこむ時は「ホーッ」、受けるときは小さく「ハッ」、応じて斬りこむ時は「エーッ」。口先や胸から発するのではなく、肚からしっかりと発することが大切です。
(6)間と間合
大石神影流剣術は、総長三尺八寸の木刀を用いますが、通常の木刀よりも長いもので、当然のように間合が遠くなります。
間合に対する自分の感覚を養うことが必要であり、さらに手数の稽古を打太刀・仕太刀で行うときにお互いに間合については、双方が繊細になり、間違っているときには修正しなければなりません。
有効な間合は人それぞれです。
いつもの相手はこの程度の間合だから、違う者が打太刀にたっても自分で決めた通りの間合いしかとらなければ相手の切先は自分に届いてしまいます。
仕太刀は打太刀の出様によって自分の動きを変えていかなければなりません。
常に繊細な気持ちが大切です。
(7)呼吸
大石神影流剣術のみならず、無雙神傳英信流抜刀兵法・澁川一流柔術のいずれの流派においても呼吸にのって動くことが大切です。
呼吸にのって動くためには呼吸が正しく行われなければなりませんが、呼吸するためには鼠蹊部のゆるみが不可欠となります。
鼠径部が緊張していると重心は高くなり臍下丹田での呼吸は難しくなります。

呼吸の稽古には正座の状態で行う方が理解が早いと教えていただきましたが、それは、正座で臍下丹田を中心として右手の中指を丹田に当て左手の中指をその反対の背の部分(腰板の下)にあてて意識をそこにおろし、静かに呼吸を繰り返して臍下丹田で呼吸できるようになるまで繰り返して、おおむね臍下丹田で呼吸できるようになれば立ち姿勢でもその感覚を確認する方法です。
呼吸と動きがつながっていることが大切です。
特に、大石神影流剣術の「張る」動きは臍下丹田の呼吸あります。
手先で「張る」のではなく、呼吸を止めているために臍下中心に動けていないので、「張る」ときに短く息を吐き、その息に乗せて張ります。
本来、「張る」ことができなければ次の段階に進むことはできないところです。
しっかりと稽古しなければなりません。
(8)残心
大石神影流剣術の手数で、残心とは相手とのつながりです。
特に相手の正面を切り込んで後方に下がる場合、切先は相手の両眼の間を位置させるところを下がることに意識が行ってしまうと相手への残心がおろそかになり相手とのつながりが切れてしまう場合があります。
常に切先は相手に生きたまま指向していなければなりません。
(9)肚
初心のうちは、木刀を使おうとして肩・腕・手首を用いてしまい、体と腕と刀がばらばらになっていることがあります。
やはり、基本的な動きから身につけなければ手数の稽古をいくら行っても正しく手数が身につくことはないのです。
また、体を力ませているため各部が自由に動かないということも原因になり、特に肩に力みが入ると体幹と肩から先の動きはバラバラになってしまいます。
肩を用いない努力が大事です。
常に肚を意識し、肚が動いた結果に剣が動くことを感じとらねばなりません。
(10)無理無駄
大石神影流剣術は、剣による攻防だと、相手の剣をより強く張ったり払ったり、隙があるところへ直ちに切り込もうと考えてはいけません。
一見攻防の稽古に見える手数においても調和が大切です。
相手(敵)との調和を求めるならば、そうなるべくしてなる動きが生まれ、必要もないのに強く張ったり払ったりという動きにはなりませんし、手数の中で隙ができたところへは体が自然と動いて斬り込んでいるはずです。
相手との調和ある動きがあれば必然的にそうなるのです。
つまり、無理無駄のない動きが生まれます。

3 おわりに
大石神影流剣術の手数稽古で、しっかりした基礎を身についている形の上達は早いものです。
基礎とは正しい体の状態ができていることで、鼠蹊部の緩み、重心が落ちて肚で動く、手の内の状態などが整っていることです。
心を臍下丹田に沈めて動くこと。
相手がおらず、自分の身体だけを動かす時には出来るのに相手がいれば、相手との繋が     
り、調和を忘れ速く業を掛けよう、極めようという思いが先にたち、身体の調和を自らが乱し、小手先で業を掛けてしまう。これは結局のところ自分の心がそうさせてしまうのです。
出来なくて当たり前だからこそ、静かにゆっくり調和を乱すことなく稽古しなければなりません。
やがて業が身につき、意識しなくとも有効な動きが生まれてきます。
稽古に「我」を交えることなく稽古を続けること。
① 無理・無駄が無い心と体のあり方を求めること
② 師や兄弟子の教えに素直であること
③ 自分自身で工夫探求し、稽古を継続すること
という貫汪館での稽古への指針に従って、自分の稽古に対する取り組み方を常に見つめなおすことが重要です。
イタリア・ルネッサンスを代表する万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、絵画作品だけでなく、さまざまな自然観察、科学実験をも重ね多くの書簡を残しています。今日、「ダ・ヴィンチの手記」として編纂されていますが、そのなかに次の言葉があります。
「流れる川に手をつけてみる。この手に触れる川の水は、流れ来る最初の水であり、最後の水である」
日々の稽古は、歴史という伝承を正しく受け、自らを律し上達していくことになるのではないでしょうか。
以上

参考:貫汪館ホームページ「道標」

DSC_1684a.jpg
  1. 2016/12/17(土) 21:25:00|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ