無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

兄弟子の指導

 兄弟子として「打太刀」を務め、「受」をとりなどしたときに後進に対して過ちを正す場合があります。この時に絶対してはならないのが「自分が考えたことを指導する」ことです。
 あくまでも師はこのように教えられていると導くべきであって、未だ流派を許されていないにもかかわらず自分の考えで「こうしたほうが良い」「ああしたほうが良い」などと導けば、後進を惑わせるだけでなく流派を乱すことになります。
 自分の考える上達できる指導をしたいのであれば、流派を許されたのち(十分に身につけたのち)自分の道場で自分の門弟を導けるようになってからにしなければなりません。また、そのようになっても師の教えから大きく異なることを良しと考えるのであれば、新たな流派を名乗る必要が生まれてきます。江戸時代であれば当然のことでした。

DSC_1045a.jpg
  1. 2016/10/29(土) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ