無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

入身試合・相面試合

 文政12年5月13日の『教授館總宰餘業記録』の記述に次のようにあります。

日比禮八弟子

入身替合 仙石新八郎    同し 日比弘左衛門
     日比八藏        後藤多喜吾
     

大町祐右衛門弟子
入身   大町小五郎    入身 小川喜八
  替合 山岡繁三郎    突方 大町新藏
    岩崎作之丞弟子
 相寸  吉田四右衛門   入身 岩崎甚左衛門
     近藤善平     替合 清水小助
 

 日比禮八は槍術の藝家ですので、槍術の見分についての記述です。「入身」とあるのは長い槍に対して短い槍を手にして走り込み懐に入る稽古をしたことをさし、相寸というのはいわゆる相面試合でお互いに同じ長さの槍を手にして自由に突き合う稽古をしたことを意味しています。

DSC_0842a.jpg
  1. 2016/10/15(土) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ