無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

絞リ

  澁川一流柔術の「絞リ」は右手の動きが中心となります。受の右手首をとった右手は臍下丹田とつながりそのまま丹田の動きに伴って受の右手は絞られていきます。左手で受の腕を回転させるわけではありません。丹田が使えなければ自分の右手も働きませんので受の右腕も絞られては行きません。しかし、できないからと言って左手で受の右腕を回転させようとすれば永遠に自分の丹田は働くようにはなりません。小手先の技を使ってはいけません。

1.右手で返に捕るときは自分の親指と人差し指または中指が受の手首関節をとる。
2.したがって最後まで掌は受の手首の肘関節側に位置する。
3、左手をかけるのは相手が崩れたのち(左手で崩すことはない)。
4、最後に左ひじ関節で受の乳裏を抑える動きは腰が落ちていれば必然的にそうなる(肘で抑えようとして重心を浮かさないように)。

DSC_3225a.jpg
  1. 2016/08/27(土) 21:25:00|
  2. 柔術 業

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ