無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

習う

 習うという事、また習得するという事は師の持つコップの水を自分の空のコップにこぼすことなく受け取ることであるとは師から教えられたことです。しかし、自分のコップの中に初めから色の違う何かを入れていて、少し受け取ったらそれでいっぱいになったと考える者も少なからずいるようです。
 自分はこれまでにこのような経験があるから習得が容易であると思い、手順だけを習ってすぐに人に教えることができると思い込んでしまうのです。微細なところにも真実があることも知らず、師匠の思想の中に流派の修行によって培われたことも知らないために手順がすべて、外形がすべてだと思い込んでしまうのです。しかし、10回に満たない稽古回数で手順だけを習ったといっても、細かな動きは間違いだらけ、ましてや師の思いもくめずに、流派の中に他流派の動きを入れていることにも気づかずにいて、流派を習得しているなどといえるものではありません。

DSC_0259a.jpg
  1. 2016/07/13(水) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ