無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

相手を感じる

 自分の体の隅々まですべてを感じるように努め、ある程度できるようになったら二人で組んで行う形であれば、相手が感じられるように稽古しなければなりません。
 相手の重心が前がかっているのか、左右に片よりはないか、臍下丹田を中心に動いているのか肩・腕中心かどうか。さらには相手の心の変化までも読む稽古を重ねる必要があります。
 相手が感じられるようになれば相手との調和を感じられるようになり、調和を崩す側がおのずと破れるという理もわかるようになります。
 相手を感じることができないのは自分にとらわれすぎていているためですので、自分の外に心を開くように努めてください。

DSC_0332a.jpg
  1. 2016/06/19(日) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ