無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

『保古飛呂比』佐佐木高行日記 17

安政3年(1856)2月20日 28歳 

「同二十日、太守様南会所へ御入、上田馬之助 細川能登守家来  村上桂蔵 中川朱里太夫家来  多羅尾勢五郎 松平次丸家来  島田勘之丞 浪人 等ノ剣術御覧之由」

 土佐藩は他流試合の開始は遅れていますが、交通の便が悪い地であるにもかかわらず、この頃他藩からの修行者が訪れていることがわかる記述です。

 ここで一度『保古飛呂比』については中断します。

DSC_2253a.jpg

  1. 2016/05/31(火) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ