無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

『保古飛呂比』佐佐木高行日記 15(14の続き)

安政2年(1855)2月 27歳 

 昨日の続きです。

又一刀流ノ師麻田勘七モ、新二鷹匠町二道場ヲ開キ、門人モ多ク出来、毛利夾輔・山田廣衛・馬場来八等頻二修行セリ、一刀流ハ四ツ割竹刀ニテ下投ナリ、他流試合モ致スコトナレドモ、麻田勘七先生ハ固陋家ナレバ、好マザル模様ナリ、然レドモ馬場・毛利・山田ノ面々ハ、他流試合二周旋セリ、依ツテ大石流ノ寺田、一刀流ノ麻田他流試合ヲ致シタリ、然ルニ藩中ノ門地家ハ、小栗流・無外流ノ二派ノ門人多数ナレバ、他流試合ヲ嫌ヒタリ、右二流トモ袋竹刀ニテ上段打チナリ、尤モ小栗流師家ノ内、日根野辦治ハ他流試合ヲ主張シタレドモ、至ツテ小身ニテ、殊二郷士ヨリ養子ノ身分、旁門人モ軽格多ク、士分ハ少ナク、権力ナク、門地家ノ同流ヨリハ餘程悪マレタリ、如此有様ニテ議論八釜敷テ、一般ニ行ハレ侯事ハ容易ニハ出来ザル勢ナリ、

 小野派(中西派)一刀流を指導した麻田勘七は他流試合を好まなかったけれど、その弟子が他流試合を行い、小栗流・無外流は他流試合を嫌ったものの、小栗流の日根野辦治は他流試合の実施を主張したけれども小身であったため、小栗流の他の師範から憎まれたことが分かります。
 麻田勘七の弟子に武市半平太がおり、日根野辦治の弟子に坂本龍馬がいます。

DSC_2249a.jpg

  1. 2016/05/29(日) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ