無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

『保古飛呂比』佐佐木高行日記 9

嘉永5年(1851)9月 23歳 

 この記事には日にちが記されていませんし、記事の内容からすれば、土佐においてのことですので、跡から書き足した記事だと考えられます。この頃土佐で指導していた二代目の大石進(当時は大石進士)より佐々木の父にあてた書簡です。

「柳河藩剣術師範大石氏ヨリチチへの書簡左ノ通リ、
 御口上書拝見仕候、出立御祝被下、無存掛見事ノ御肴鯛拾枚御恵贈被下、御厚情の段千万忝ク仕合ニ奉存候、早速参上御礼等申上儀の處、先達テヨリ不快ニ罷在、出立モ差延申候、何様清快之上参上御礼可申上候へ共、先ヅ御礼答迄如此御座候、以上
大石進
九月晦日
佐々木三六様
貴下」

 当時の書簡の書き方がよくわかります。また二代目の大石進の付き合いの範囲もわかる資料です。

DSC_1765a.jpg
  1. 2016/05/23(月) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ