無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

正座

 正座というと、堅苦しく、不自由なものというイメージがありますが、大森流では虎乱刀以外は正座から形が始まります。
 稽古を正しく重ねると、一般的な正座のイメージはなくなり、正座が楽で自由な座り方であると感じるようになります。そのため心掛けなければならない事を述べておきます。

 袴捌きは正しく行い体を楽に開き、両肩が下方に引かれ安定すること
 立ち姿勢から正座して落ち着くまで必ず引力の線を体に感じていること
 袴捌きで深く臍下丹田にまで深く空気を吸い込み、その後、臍下丹田から息を吐きながら正座し体が落ち着くまで息を吐くこと
 絶対に姿勢を作ろうとしないこと
 両膝がついてお尻が下りていく間、腹筋に力を籠めず、背筋にも力を入れないこと、視線は落さないこと
 それによって背筋が自然な状態に保たれて座ることができます。

DSC_0848a.jpg
  1. 2016/03/25(金) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ