無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

半身

 正対に慣れて生活している方には半身を取るのが難しいようですが、無雙神傳英信流抜刀兵法・大石神影流剣術そして澁川一流柔術にも半身を用いなければなりません。
 大石神影流剣術では中段・上段・附け・下段いずれも右側が前に出た半身です。無雙神傳英信流抜刀兵法では大森流の正座は正対しますが、英信流の座り方、太刀打の構え、いずれも半身です。澁川一流柔術も初めは正対していますが、相手の動きに応じた時には半身となります。
 半身を難しくしている原因の一つは首の形さにあります。首筋に自由がないために両肩と顔の方向がいつも固定され前を向いているときには両肩も顔と並行してしまいます。首筋を楽にすることによって半身が楽にとれるようになることがありますので試みてください。

DSC08701a.jpg

  1. 2016/03/17(木) 21:25:00|
  2. 居合・剣術・柔術 総論

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ