無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

大石神影流剣術初段 論文 3

武道における礼と大石神影流釼術における礼法について

1 はじめに
武道は、「礼に始まり礼に終わる」といわれます。
たとえば剣道では、まず立礼し、互いに抜刀、剣を構え、正しく蹲踞します。最後に勝敗にかかわらず蹲踞、納刀、立礼します。
このように武道では、最初から最後まで一貫して礼に則していることが求められますが、何より礼は互いの誠心がそれぞれ心に響くものであることが肝要なのではないかと思います。

2 武道の礼と大石神影流釼術における礼法
○武道の礼
武道は「礼に始まり、礼に終わる」と言われていますが、たとえば剣道は、特に礼儀作法を重視しています。
近年、行われた世界剣道選手権において、ある出場国は、袴を独自にアレンジしたり、試合にあっては、ジャンプしての面打ち、負けると蹲踞、礼を拒否など本道から外れ、武道の本質を見失った見苦しい態度が見受けられました。
全国高校剣道大会では、一本取った瞬間に「ガッツポーズ」をして取り消された例もあります。
武道においては、「礼に始まり礼に終わる」という教えは、単に始まりと終わりにお辞儀をするだけという意味ではなく、まずどのような武道であっても、道場に入るとき必ず礼をします。そして、いざ相手と対する時、たとえば剣道では、まず立礼し、互いに抜刀、剣を構え、正しく蹲踞します。最後に勝敗にかかわらず蹲踞、納刀、立礼します。
さらに先生に対し稽古を求めるのであれば、これから教えを請いますという礼に始まり、稽古の中に、その先生に対する礼というものが常にあって、全身全霊でぶつかっていき、そして稽古の最後には、心から「ありがとうございました」という挨拶ができる、そのような稽古ではなくてはならない。そこに「礼に始まり礼に終わる」という本当の意味があります。
「礼」は礼儀作法、礼儀、作法、礼法など様々に使用されますが、広辞苑によると、礼儀とは、敬意をあらわす礼法・礼の作法。作法とは、事を行う方法・起居・動作の正しい方式。 礼法とは、礼の作法・礼儀。となっています。礼儀と礼法は、礼の作法を意味しており、作法は、礼には関係なく 起居・動作の正しい方式となります。
武道の礼法の歴史は、仏教伝来から始まり、奈良時代・平安時代は、様々な仏教が発展し、国家や貴族のための儀式として主流をなしていました。
しかし、鎌倉時代になると武士が貴族から権力を奪い力を持ちました。
この時代に中国より禅宗(臨済宗、曹洞宗)が伝えられ武士に好まれていたようですが、 南北朝・室町時代になると、武家と仏教界の接近は貴族文化や武士文化に大きな影響を与えるようになり、室町幕府第三将軍足利義満時代には、「武士の礼、武士の作法」が重要視され確立されたようです。
また、この時代に禅宗の茶の湯の影響を受け、千利休などによる茶道の完成によって礼儀作法も武家社会に影響を及ぼしました。
このようにして、室町時代に「武家礼法」として完成された礼法は、軍礼に限らず常礼においても、武士として守るべき礼儀作法があり、また武道の修練の中にも礼儀作法は厳しく位置付けされ確立されてきたのです。
武家社会の日常生活そのものが「武即礼」であり、従って、武術の修練を行えば自然に礼儀作法が身に付き、武士の守るべき秩序や道徳が身に付くように整理されていたと思われます。
このようにしてできた礼儀作法の伝統を守り続けてきた結果、現代においても武道を修練すれば礼儀作法が身に付くと言われているわけです。
  ここで剣道の礼儀作法について、礼儀作法は、相手に敬意をあらわすものですが、武道の礼儀作法には護身を踏まえた作法が多く見られ、例えば、「正座をするときには左足から座り、立つときには右足から立つ(左座右起)」や「正座の礼法で座礼を行う時、左手を先につき、利き腕の右手を後につき頭を下げる。
頭を上げる時には、右手を先に戻しその後に左手を戻す」他にも、「剣道衣の着用法では左手から通し、袴を着ける時は左脚から通す」、「剣道具の小手をつける時においても、左手からつける」、利き腕である右手(右脚)は、油断を怠ることなく着用する。
脱ぐときには、「利き腕である右手(右脚)を先に脱ぎ、その後に左手(左脚)脱ぐ」などがあり、武士の社会においては、礼をおこなう相手に対しても油断を怠らない護身の動作によって組み立てられています。 
剣道において、試合の開始時や終了時に行われている「正面への礼」は、審判長が答礼を行ったり、役員席の後ろに掲げられている「国旗」や「正面の壁」に対して 礼を行ったりして様々ですが、そもそも、修業を行う場所は道場であり、稽古前・後に清掃を行い場内を清め、道場の中央には神棚を設けて神を祀り神聖な場とされています。
神棚には、天照大神を中心に武道の神様と言われている鹿島神宮(建御雷之男神)・香取神社(経津主神)や八幡宮・氏神などを祀ってあります。
修業の場・湧き水・神木・地鎮祭などに、しめ縄を張りその場を清め祈るのは、日本の伝統的な慣習であり、日本人の心を育ててきましたが、道場において稽古前に最初に神前への礼を行うのは、稽古時や試合時に怪我や事故がないように祈ったり、我々日本人の先祖(神)に少しでも近づこうと努力することを誓ったりするためや、神の前で試合を行うのだから「正々堂々と戦う事を誓う」や「日々の修業の成果を披露する」など様々な素朴で素直な気持ちを表す礼です。
このような気持ちで修業することが結果的に、相手を「思う」、「敬う」、「感謝」、「物を大切にする」などの「心」が生じるのです。
ただ体を曲げた、形だけの礼には意味がありません。相手に対する気持ちが心になければなりません。
礼をするのに、体を屈するという形が先であるのではなく、なぜ礼をするのか、その意味である「気持ち」が先に立つことが大切であり、礼をすることによって、互いの気持ちが響き、この「ひびき」の交流が、礼の意味を生かし、礼の形を生かしてくれるのではないでしょうか。
「武道は礼に始まり、礼に終わる」とは、相手を「思う」、「敬う」、「感謝」、「物を大切にする」などの心とこれらを実行できることが大切であり、さらには着用する袴にも「五常五輪」という精神が宿されています。
袴の表の五つのひだは、
五常(儒教で人が常に守るべき五つの徳目)
・仁 己に克ち、他に対するいたわりのある心のこと
・義 人として守るべき正しい道
・礼 礼儀、礼節を重んじること
・智 物の道理・本質を知り正しい判断をすること
・信 偽りのない忠実な誠の心
五倫(儒教での基本的人間関係を規律する五つの徳目)
・親子の親 親子の思いやる心
・君臣の義 君主として又家臣として守るべき正しい道
・夫婦の別 夫婦それぞれの役割
・長幼の序 年長者は年下の者を労わり導き・年下はの者は年上の人を尊敬する心
・朋友の信 友人を裏切らないこと
であり、裏の二つのひだは、
・忠 忠誠心
・孝 周りの人を大切に思う心
であるといわれます。(また「天と地」、「陰と陽」ともいわれます)

○大石神影流釼術における礼法
大石進種次は、祖父から愛洲陰流剣術と大嶋流槍術の指導を受け、大石神影流釼術を開いたとされます。
種次は江戸に出て、5尺3寸の長竹刀を遣い、突きと胴切りで、江戸の名だたる剣術師家を倒し、種次の子である種昌も、大石神影流を継承した後、江戸に出て、長竹刀で江戸の名だたる剣術師家を倒したとされ、二人ともに江戸で目覚ましい戦績を残したこと、要請により他藩にも指導に出向き大石神影流は対馬藩、土佐藩など多くの地域に伝わったようです。
大石神影流釼術では形を手数といい、長竹刀と突技で有名ですが、剣尖を相手の喉に向け、水平に構えるという、まるで槍術の構えを思わせる「附」という構えから突きを繰り出す、最小限の受けと動きで相手の刀を捌く「張り」など独特の流儀を持っています。
剣道の稽古前後には、全員が並んで正座をし、竹刀を置き、「正座(姿勢を正して)」「黙想」と声をかけるのが一般的ですが、これは床があってこそです。
大石神影流釼術においては、上座(神座)への折敷の礼から、使太刀、打太刀は抜刀、切っ先を合わせていきます。道場稽古ではなく神前であることが想定されているのです。
以前、館長に「現代は腰に刀がある時代ではなく、江戸時代の武術は剣がもとになっており、江戸時代の子ども達は腰に刀がある状態で育ち元服のころから剣術稽古を始める。稽古を始める前にすでに刀の取り扱いになれ、刀の扱い抜き差し、振り方など刀の基本的な用法は教育を受けている。刀を扱う感覚は非常に繊細なものとなる」ご教示いただき、木刀とはいえ真剣同様の扱いであり、使太刀、打太刀は剣を通じて共鳴していくのだと思います。
そして何より大切なのは、力まず正しい姿勢を生むことにあるようです。
人は地の上に立っているのであり、自然に重力が働いているなかで重心を保って立っており、ほんの少しの挙動で地に逆らうことなく、自然な姿勢をとることができ、さらには自然な姿勢から、すこし重心を動かすだけで様々な挙動を自然に取ることができます。しかし刀が加わればどうなるのか、構えは、体の開きはなどと考えるまでもなく、刀に身を委ねれば自然と姿勢がとれ、その中心は常に臍下丹田となるのです。
そして刀を振るうときには、神座を意識し神座に刀を向けない、刀に霊性を認めることが大切で、自然、刀が答えてくれるのではないでしょうか。

3 おわりに
人は、真実相手に感謝し、心から尊敬の念を感じた時には、自然に頭が下がるものです。『他者に対しては、礼を持って接する』そんなことは当たり前のことだし、するもしないも本人の品性の問題で、それ以上のことではないと言えるでしょう。
人は誰の奴隷でもない。そんなことのために生まれるものではない。他者に虐げられても屈することない心、災厄に襲われても挫けることのない心、不正があれば正すことを恐れず、獣に媚びず、己という領土を治める唯一無二の君主に。そのためにまず、他者の前で毅然と頭を上げること、そして毅然と構えることができ、そのうえで、相手への尊敬、誠意と共鳴、調和が内在することが礼法ではないでしょうか。
現代剣道は、戦後GHQの監視の下で、建前上は「武道スポーツ」で復興を果たし、
学校教育現場での指導が主流となっているため、そこに宗教色を持ち込むのはタブー視されているようです。 
本来ならば「神前に礼」とするところであり、「神様へ修行の成果を見ていただく」気持ちが大切に思います。
大石神影流釼術においては、刀剣は魂を宿し、神座の前で、刀を振るうという崇高な気持ちを忘れてはならないと、また使太刀、打太刀が刀を交えることで共鳴する精神も忘れてはならないと思います。
そのために神前と相手に礼節と感謝、自らの心と体を静かに清らかに、時に気迫をもって正して導くことが剣術における礼法となるのではないでしょうか。


1) 小野不由美 「風の万里 黎明の空」 講談社 初版第1版 2000年10月12日
2) 小笠原清忠 「武道の礼法」 財団法人日本武道館 初版第1版 2010年2月10日
3) 小森富士登 「剣道における礼法の一考察」國士舘大學 武德紀要 第27号
4) 貫汪館ホームページから

DSC_0883a.jpg
  1. 2015/11/24(火) 21:25:00|
  2. 昇段審査論文

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ