無双神伝英信流 大石神影流 渋川一流 ・・・ 道標(みちしるべ)

無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術を貫汪館で稽古する人のために

帰宅

 瓜生等勝先生の『来嶋又兵衛文書』中の天保15年5月1日から6日までの来嶋又兵衛の日記に下記のようにあります。
 1日に来嶋は帰宅します。
 5月朔日
 「夫より厚保へ七ツ時に着致候事。」

 4日
 「稽古場除草致し候事。夜、近所酒に呼候事。」

 5日
 「神様へ酒を揚、灯明上候事。月代致し候事。宮参詣致し、酒屋へ参り候事。」

 6日
 「吉辰に付稽古場打祓致し候。宮崎大和を呼ひ候事。松村父子、来原、来嶋又六稽古致し候事。」

 帰宅して二日はご近所に挨拶まわりをし、稽古場の除草(この時、城嶋の稽古場は屋外であったようです)。それから日を選んで稽古を始めています。当時は日を選ぶ事が重要であったのがわかります。
 天保15年の日記はこれで終わりです。


  1. 2015/11/09(月) 21:25:00|
  2. 武道史

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)

Author:貫汪館館長(無雙神傳英信流 大石神影流 澁川一流)
無雙神傳英信流抜刀兵法、大石神影流剣術、澁川一流柔術 貫汪館の道標へようこそ!

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ